2012-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【八手三郎】とは、何者か?

みなさん、おはようございます。
昨夜は、父が携わった番組関係のメモや書籍を読み漁っているうちに、パソコン前で見事に寝落ちしました。
どうやら、まだまだお話していない部分もありそうですね。
ネタは小出しに(笑)、ブログはコツコツと続けていきます。

さて、今日の話題は【八手三郎】とは、何者か? でございます。
読み方は「やつでさぶろう」が正解です。

これについて、ネットでは《諸説ありますが、、、》とありますよね。しかも、コピペで(笑)

父が喋ったことや文章が伝わるうちに変遷していったものではなかろうかと推察します。
父が脚本や番組の主題歌や副題歌などの作詞をする上で、必要に迫られてつくった《ペンネーム》です。
今では、《ペンネーム》という表記も珍しくなった時代です。

原稿できたか? 今、「やって候」というのが元々だとか。
いかにも、時代劇を撮った父らしいネームです。
「蕎麦屋の出前じゃないんだから」、と息子が子どもの頃、父に言った覚えがあります。

父が携わった番組のあちこちで、【八手三郎】というネームが散見されます。
いくつあるか数えて息子に教えてくださいね。

父の番組制作のピーク時を過ぎた頃だったでしょうか?
会社側から、ペンネームを使って仕事をするとは『いかがなものか?』というご注意があり
父は、そのペンネームを個人として使う事を止めたと聞きます。

昨日も、どの番組までがオヤジのペンネームなんだい?と聞きました。

『忘れたなあ?』という、煙にまくような回答がありました。

現在、原作【八手三郎】というクレジットがスーパー戦隊ものや宇宙刑事シリーズなどに出てきます。
父は、その番組に携わっていませんから、巷でいわれている「会社の共同ペンネームである」という解釈が正解だと思います。

では、父が使用していたペンネームを「いかがなものか?」という事で使用することを止めたものを、共同ペンネームとしてわざわざ使う必要があったのか、息子としては知りたいところです。

会社のひとりの従業員がペンネームを使って仕事をしたと言う事実は、就業規則に違反規定があるならそれは、一般的に非難されてしかたがないことだと、杓子定規に考えれば理解できます。

先日も、Twitterで 宇宙刑事 ギャバンの映画を観た女性から 原作【八手三郎】というクレジットを観て父の仕事を「ありがとう」といっていただきましたが、話の腰を折るのも気が引けたのでありがとうございます」とだけ返しておきました。

ここで、Fanのみなさんに想像をお願いしたいと思います。

会社が原作【八手三郎】としてネームを使う理由を。
Fanだからこそ息子を代弁してくれるものがでてくれると信じています。

息子が記事でUPすると洒落にらないので。

では、また。

スポンサーサイト

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。