2012-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【麻宮騎亜さん】のはなし 彼女のカレラ 22 (プレイボーイコミックス)

彼女のカレラ 22 (プレイボーイコミックス)彼女のカレラ 22 (プレイボーイコミックス)
(2011/12/19)
麻宮 騎亜

商品詳細を見る


こんばんは。たまった事務処理をやっつけていました。

今夜の話題は、【麻宮騎亜さん】のはなしです。
もう、Fanのみなさんはご存知ですよね。
現在、絶賛放映中の『仮面ライダーフォーゼ』のゾディアーツ(怪人)のクリーチャーデザインをしていただいています。
19日放映した番組で『蟹』をモチーフにしたゾディアーツには、息子の私は思わず「凄い!!」と声を上げてしまいました。

旧1号ライダーでも怪人のデザインや造型に大変苦労した話は、父から聞いて知っていました。
デザインに凝ると、実際にライダーとの闘う殺陣の動きが悪くなったり、すぐに壊れて修理を要したり・・・


『仮面ライダーフォーゼ』は、初の学園が舞台として物語が進行しています。
レギュラー陣が全て若者。お歳を召していても“赤い目の男”役の『鶴見辰吾さん』くらいなのかな?
昔の配役の鉄板である「老け役」が存在していないのですが、それでも楽しく視聴できるのは、大人でもデザインや造型が良く出来てるなぁと思える、ゾディアーツのデザインやフォーゼの武器の発想やデザイン、造型が良く出来ているからだと思っています。

昭和ライダー以外、興味ねえや!という方も、一度番組を視聴してくださいね。


昭和ライダーには、平成ライダーに無い良さもあります。ルーツといっても良いかもしれません。
平成ライダーも、その時代が要求したものであり、変化をしなければ続かないと改めて思っています。

ライダーやゾディアーツのデザインがあって造型で現実化させて、スーツアクターさんがいて、俳優(女優)さん、脚本家、監督やアクション監督を始めとするスタッフさん、全ての総力戦です。

まずは、ニチアサの時間を『楽しんでやろう!』という気持ちでテレビを観てくださいね。
話は、それからです。

追記
Asamiya's Portfolio サイトをリンクしました。

息子の個人的な好みですが、【麻宮騎亜さん】のクリーチャーデザインも好きですが、漫画の女性キャラやクルマも大好きです。父譲りで、年間5万キロを暴走していますから。

では、また。

スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーフォーゼ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ヒーローと正義 【東映の白倉伸一郎さん著書】のはなし

ヒーローと正義 (寺子屋新書)ヒーローと正義 (寺子屋新書)
(2004/05)
白倉 伸一郎

商品詳細を見る


おはようございます。
年末から、父の関係者や息子の知人など相次いで急逝され、昨夜も知人関係の通夜へ参列してきました。
息子の私が今年の8月で50歳になりますので、そのような年齢になったのだと思っています。

さて、2004年5月に出版された東映の白倉プロデューサーの著書のはなしです。
数日前のJwaveでの対談のHPでこの新書の存在を知りました。
昨日Amazonから届いたので、今朝からほんの触りだけ斜め読みをはじめてます。

これは、是非とも昭和ライダーのFanのみなさまに手にとっていただきたい本です。
あくまで、大人向けの書籍ですからキャラクターは一切掲載されていません。
さすが、東大文学部第三類卒業されているだけあって、何度も読み返さないと読みこなせない書籍です。
父も東大美学卒ですが、とうていあのような文章は書くことは難しいと息子は思うのですが。

中でも、「何故、平成ライダーから武器を多用し、キックとパンチの影が薄くなったのか?」という内容は納得もしたし、そういう社会的な問題もあったのね?と息子は感じました。

父は、現役バリバリの頃にこんな事つぶやいてました。
「放送禁止用語で、『メクラ』『ちんば』『つんぼ』など差別用語として使えなくなったんだ。」
「たしかに、からだが不自由な人たちに対するあきらかな差別を意味するのはわかるんだけどね」
「その言葉の表面的な意味ではなく、言葉の奥にある意味合いや響きまで失ってしまう」
と実に困った表情をしていた記憶があります。

テレビ番組をつくるって難しいんですね。
ある視聴者が面白いと云ってくれる内容でも、一部のひとはその描写やセリフなどで酷く傷つくこともある。作る側って大変。

まだ内容を全て理解できるほど頭が良くないので、またいずれこの本のことは改めて記事にしたいと思っています。

では、また。

テーマ:仮面ライダーフォーゼ - ジャンル:テレビ・ラジオ

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。