2012-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散!『石ノ森スピリッツVol.5』トークライヴ参加のはなし

こんばんは。今朝の『特命戦隊ゴーバスターズ』と『仮面ライダーフォーゼ』は、楽しかったですね。
時間的な都合で、愛車の中で視聴しました。

『ゴーバスターズ』は、これからもっと発展を期待できそうです。強いて意見を言うならば、主人公3人が掛けている「サングラス」ですね。サングラスが、主人公の肝であるなら、もっとサイズがしっかり合って、デザインも良いものを掛けてはいかがでしょうか?いかにも、大人用のものをむりやり掛けている感があって、もったいない気がします。

『仮面ライダーフォーゼ』は、美羽ちゃんも、大文字くんも大活躍で嬉しかったです。Twitterでキングとクイーンが3年生だから卒業云々という話題があったので、OB,OGでの出演があるのかなと一部のフォロワーさんと話をしていました。私の予想が“大当たり”しましたね。終わりの決まっているテレビ番組で重要な脇役が途中でお役ゴメンとなるのは、普通ありえませんし、あるとしたらイケナイコトをして降板という事しか考えられませんから。でも、弦ちゃんを筆頭に演技が安定してきて頼もしい限りです。弦ちゃん、最近バラエティ番組に出ることが多くなりましたね。アドリブでコメントが上手に返す事ができるようになったらいいですね。


さて、今日の話題は『石ノ森スピリッツVol.5』でのはなしです。
今日は、観客として存分に楽しく過ごすことができました。
ゲストは「750ライダー」代表作である“石井いさみ先生”と「ワイルド7」代表作である“望月三起也先生”をお招きしてのトークライブです。

MCは、漫画家 山田ゴロ先生。

前半は、石井いさみ先生のお話でした。
週刊少年チャンピオンで連載を10年続けたというツワモノです。父、平山亨も少なからず雑誌編集者との繋がりがありましたら、いかに連載が大変なことなのかは聞いていました。
連載開始が1975年からです。ちょうど『秘密戦隊ゴレンジャー』が始まった時ですね。息子の私も、リアルタイムで漫画を読んでいた記憶があります。
少年雑誌を手に取ると「感想をお寄せ下さい。」とあります。それは、まさしく漫画家の成績表なんですね。石井先生が、仰っていましたが同時に人気あった漫画名を言っていましたがあの激戦区をよく戦い抜いてきたと思いました。漫画家は、当然締め切りがありますが、石井先生曰く手抜きもある部分必要だと言ってました。作画に時間が取られるのは、バイクの精密な部分で時間が掛かると。MCの山田ゴロ先生に冗談で仰っていましたが、「仮面ライダー」のバイクはカウルがついているからいいよな、なんて。
息子の私が石井先生の漫画のカットで好きなのは斜め後からのバイクの姿です。惚れ惚れするようないい絵なんですよ。石井先生自身、バイクの一番美しいのは斜め後だと仰ってました。
石井先生もお歳を召してしましましたが、漫画を売れるようにする意欲は衰えていないと感じました。


後半は、「ワイルド7」で有名な望月三起也先生です。お話上手な先生で、時間を感じさせないものでした。息子の私が共感したのは、漫画も物語性があってコマを進めて省略する部分があっても、そこは読者の想像を掻き立てるところが良いと仰っていました。最近、邦画で「ワイルド7」が劇場を賑わしていました。原作者望月先生に一応お伺いを映画スタッフがするのですが、先生の意向は全く反映されなかったといいます。先生は、大変残念そうに仰っていました。役者のキャスティングは、プロに任せるが物語は、是非とも私が主導権を握りたいと。漫画を実写化する際に、どうもそのような事態が起こるようですね。
その「ワイルド7」の連載が始まったのは、『柔道一直線』と同時期のようです。

このブログ読者の年齢層も多岐に渡っているようで、もし、「750ライダー」や「ワイルド7」に興味が沸きましたらググってみたり、漫画喫茶に行けば読むことが可能だと思いますよ。一番良いのは、ご購読くださいませ。


最近、Twitter仲間の“太平洋不知火楽団”の大内くんに誘われてライヴに聴きに行ったり、仮面ライダー関係のトークライヴへ出かけたりしています。
箱は小さいですが、その場に居合わせた者達だけが聴けるという幸せがあります。今回も、漫画家の先生方の生のお話が聴けて大変幸せな時間が過ごせました。

そのトークライブ会場で『仮面ライダー』ファンの方がいろいろな方を紹介していただき、知り合う切っ掛けになりました。それも、同好の仲とでも言うのでしょうか。

その『仮面ライダー』ファンの方にもお伝えしましたが、4月21日封切りの映画「スーパーヒーロー大戦」をそれぞれ鑑賞していただき、その後小規模のオフ会を開催しようかと企画しております。
Twitterでその時期はお伝えしようかと思っています。この機会に、Twitterをまだ参加されていない方は、是非アカウントを登録されて私をフォローしていただければ幸いかと存じます。

私のアカウント Rider_producer です。Twitterで探してください。

では、また。

スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。