2012-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【超人バロム・1】のはなし

彩色済みキット バロム1 ボークス さいとう・プロ彩色済みキット バロム1 ボークス さいとう・プロ
()
ボークス

商品詳細を見る


こんにちは。
鈍い頭痛が続いています。今夜中に治して、元気な姿で愛娘とかみさんを連れて、父の見舞いに行かなくてはと思うのです。

さて、今日の話題は、【超人バロム・1】のはなしです。
若い特撮ヒーローのファンは、ご存知無い方も多いかと思います。簡単にご説明しましょう。

この番組は、1972年(昭和47年)4月2日から同年11月26日まで、よみうりテレビ製作・日本テレビ系で毎週日曜日19時30分から20時00分に全35話が放送された。さいとう・たかをによる原作からは、設定の一部の流用を除き、デザイン、ストーリーは大幅に変更されている。

父の著書「東映ヒーロー名人列伝」によれば、読売テレビの佐野寿七さんが、劇画家:さいとうたかを先生の原画を持参して「これおもしろいから、一緒にやらない?」と誘われた事がきっかけだと記している。
以前から、アニメ「巨人の星」の感情の描写について、いままでにない手法をとったこと。それを局プロとして英断したことに尊敬の念を抱いていたのだった。

【超人バロム・1】の主題歌など《八手三郎》名義で作詞している。その詞の中で“ブロロロローッ!”とか“ズババババーンッ!”という表現を使った。
父は、その表現について記している。
さいとう劇画の天才的工夫の一つに音響の映像化がある。これは、後にアメコミなどで一般化するのだが、さいとう先生は。それよりはるか以前に駆使していたのでだ。

「ブロロロローッ!」
「ズババババーンッ!」
これなど先生が映画監督をやりたかった思いの現われだろう。映画という表現手法は、動く映像とともに音響効果というものがある。動かない画と音のでない紙上劇画の世界で音を表現手段にした天才的手法だ。

もっとも、父が《八手三郎》名義で作詞したものについて、作曲家の菊池俊輔さんを困らせ、歌う水木一郎さんも困っていたようだが、水木さんに「それくらいのもの、あなたなら歌えるよね?」とトボケて歌ってもらった。

後に、この番組に「ドルゲ事件」が起きたのだった。
「ドルゲ事件」は、簡略に説明すると、「ドルゲ」は、劇中で善を憎み、愛を嘲る、地底に降り立った悪の化身。人間をドルゲ細胞(一種の癌細胞)で侵すことによって悪のエージェントである「ドルゲマン(第1 - 8話) / ドルゲ魔人(第9 - 35話) / ドルゲ妖怪(第26話のみ[5])」を作り出す。「ルロロロロロロ、ドールゲー」という不気味な声とともに登場する、悪役であるのだ。

「ドルゲ」という姓をもつ小学生が学校で苛められるというので、それに怒った父親が裁判所に番組の即時差し止めを申し出たのだ。
学校のいじめは、父親が学校へ出向き収まったのだが、ドイツ人である「ドルゲ」さんは、自分の姓を悪役の名前にされて汚されたということに争点はうつった。
決着点は、番組中にテロップで「ドルゲという悪者はフィクションの中のものであって実際には実在しないものです」を出す事で和解したのだった。


父は相当数の特撮ヒーローものやスポ根ものなど番組を、つくり続けてきました。
すべてが順調だったわけではありません。電波にのせて放映されると、その影響力の強さにビックリするとともに、表現方法やアクションひとつとっても視聴者のみなさまが受け取ることは様々です。
父は、息子との会話でも度々話題になりますが、「クレームを恐れて回避しているようじゃ、番組をつくれない」と教えてくれました。

現在、息子の私は父と全く違う畑の住人です。
リスクヘッジも大事ですが、リスクを怖がっているようじゃ前へ進めないだろ?その言葉は大事に胸に秘めています。

では、また。

スポンサーサイト

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。