2012-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【父の座右の銘】のはなし

超合金 復刻版 ロボコン超合金 復刻版 ロボコン
()
超合金 復刻版 ロボコン

商品詳細を見る



こんにちは。
昨日、父の身の回りの世話に行ってまいりました。
秘密基地での所用を済ませてからの出発でしたから、渋滞に巻き込まれ病院到着まで3時間20分ほどかかりました。
クルマの運転は嫌いではないので苦痛にはなりませんが、やはり疲労はたまります。


今日の話題は【父の座右の銘】のはなしです。


お盆休み明けなのか病院駐車場が混んでいました。それでも何とかスペースを見つけて病室へ。
ナースステーションで挨拶を済ませ、いざ病室へ。

父は寝ていました。
こんな時は、無理やり起こしたりしません。平山家の昔からの約束事です。
父がバリバリ仕事をしている頃でした。
珍しく家にいても父が

「ちょっと休憩」

と云うとすぐに別室からイビキが聞こえてきました。

私が小学生の頃でしたが、父が疲れているのだから寝かせてあげようと思っていましたね。
だから、息子どもの生活サイクルにちょうど父の休みが重なっていた時でも

「どこかに連れていけ」

などと駄々をこねることはありませんでした。

病床での父は、時折苦しそうな呼吸をすることがあっても平穏な状態のようです。

やがて、目が覚めました。

寝ぼけているのか意味不明な言葉を喋りますが、やっと聞き取れました。

「電気髭剃りが壊れた」

「うん。わかった。ちょっと髭剃りを買ってくるね」
と病室を後にした。

電気髭剃りを求めて、うろうろとしましたが離れたコンビニでありました。
助かりますね。こんな時は。

病室へ戻り髭剃りを使える状態にすると、看護士さんがやってきて
「おとうさん、T字のカミソリで剃ろうかといったら「えっ?」とびっくりするのよ」と教えてくれた。

どうやら、壊れてから伸ばしっぱなしだったようだ。

前回の見舞い時に、村枝賢一先生の『仮面ライダーをつくった男たち1971-2011』を父のために持参した。

看護士さんがそれを見て、ちょうど昭和37年生まれでリアルに視聴してくれた人だったと教えてくれた。

「私、仮面ライダーの自転車を親に強請って買ってもらったのよ」

そんな話をしていると、看護士さん仲間が集まってなにやら興味深そうにその本を覗き込んでいたので

「みなさんに1冊プレゼントしますよ」とお約束した。

そんな約束を方々でするので、かれこれ今回を含めて12冊目になるのでしょうか。

そんな切っ掛けでも、当時の奮闘振りを知ってもらい昭和ライダーのファンが増えたら良いなと考えています。


父の機嫌が良くなり、少しお喋りが始まったので談話室へ車椅子で移動することに。
父の病室は、集中治療室です。まわりの患者さんは重篤な方ばかりですので、場所を移動しなければならないのです。ナースステーションに一声掛けてからゆっくりと移動しました・・・


会話は、他愛のないものです。
母の近況。その対応におわれる兄の奮闘ぶり。

その中でも、ブログをやっていたお陰でこんな声があったので父に伝える。

父にサインを貰った人が教えてくれた。

「座右の銘は?」の問いに

「あきらめない」と即答したそうだ。

その話を父にすると、話がするすると出てきた。

「僕が、負けず嫌いなのは知っているよな。30分番組で刑事ものは難しいを云われたけど『刑事くん』をつくった。
本当に予算が厳しい中で『仮面ライダー』は、そのスタッフの工夫と熱意でつくった。僕は、「ちょこっと」文芸の部分をつくっただけなのだが、本当に頼もしい仲間が頑張ってくれたからだ。だって、予算が無いからと片道キップだけ渡してロケに行かせるのだからね。今だったら、誰もやってくれないだろ?でもね、本当に、この番組をヒットさせるんだと気持ちがスタッフに伝わったのかな?」

「そんな頼もしい仲間もひとり、また、ひとりと亡くなってしまった。あの人に相談すれば何とかなるという頼もしい仲間がたくさんいたんだよ。心細いよ。」

父の話は続く。

「僕の企画は、簡単には採用されなかったんだ。「こんな番組をつくりたい!」と企画書を出しても上司が気に入らなければ、企画書を床に放り投げられた。そんな事は頻繁にあったんだ。」
「だから、没になった企画は山ほどあったし、それを暖めていたんだ。」

「家にあった鍵付きの書庫は、そのためだったんだね」

そんな話題から、当時のテレビ部の話題へ移った。
内容が濃密すぎるので、ここではUPはできそうもない。。。

私はひとこと
「俺には勤まらないな・・・」


父が上機嫌に話する姿が好きだ。実に表情豊かに会話をする。
プロデューサーとしての仕事は山ほどあるのだろうけど、
父がたくさんの関係者を会話する中でも、様々なネタを掴んでいたんだろうなと思う。

父は、まだまだお喋りができる状態です=表面上、元気です。



余談
父に、新しい仮面ライダーの映画に「宇宙鉄人キョーダイン」が新しいキャラクターになって出演したことを伝えた。悪役だったことは、云えなかった。
更に、「宇宙刑事ギャバン」も映画化だってと伝えた。次、どうするんだろうと聞くと、涼しい顔で

「がんばれ!ロボコン」があるだろ?

ロボコンだって、仮面ライダーと同時進行だったけど人気があったんだよ!と語気を強めた。


今日の話題はここまで。
では、また。


更新も遅れているのに、ブログランキングご支援感謝申し上げます。
ファンのみなさんの声は、確実に父に伝えます。


スポンサーサイト

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。