2012-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【重大発表です。 『ワイルダネス』のこと】

『ワイルダネス』


去る9月15日(土)16日(日)の両日、仮面ライダー2号:一文字隼人を演じられた佐々木剛さんが経営する居酒屋「バッタもん」にて、佐々木剛オフィシャルファンクラブ【弐剛会】によって、仮面ライダーアマゾン:山本大介を演じられた岡崎 徹さんを長崎よりお呼びして『岡崎 徹さんを囲む会』が開催されました。

15日(土)には、【弐剛会】の顧問代理として平山 亨さんのご子息の平山 満さん、会長の村枝賢一さん、そしてシークレットゲストとして仮面ライダーX:神 敬介を演じられた速水 亮さんが参加。
16日(日)には、前日に引き続き顧問代理として平山 満さん、大野剣友会代表の岡田 勝さん、そしてシークレットゲストとして仮面ライダーV3に登場したデストロンの大幹部:ドクトルGを演じられた千波丈太郎さんが参加。

2日間共、大いに盛り上がったのは言うまでもありません。

しかし、佐々木さんと岡崎さんは仮面ライダーストロンガーの最終回や各種イベント等で何度か顔は合わせていましたが、挨拶程度しか言葉を交わしてませんでした。接点が無いに等しい状態のお2人だったのに、なぜ今回のようなイベントが開催されたのでしょうか?
実は、今年の7月~8月に佐々木剛さんが『改造人間哀歌 the movie ~曼珠沙華の詩~』の全国ツアーを行なった際に、九州の長崎県佐世保市と福岡県博多市の公演の時に村枝賢一さんと岡崎 徹さんが応援に駆け付けて、トークショーに飛び入り参加して大いに盛り上げてくれました。イベント終了後のファンとの懇親会にも岡崎さんは参加され、そのファンに対する真摯な姿に佐々木さんは惚れ込み、そして言葉を交わしていく内に佐々木さんは岡崎さんの中に大親友の千葉治郎さんと同じ質感を見出した気がしたのでした。そして、その思いは翌日の福岡での懇親会で確信に変わり、熱い握手が交わされました。
「今度、ウチの店(バッタもん)に来てくれよ。そうしたら次はオレがこっち(九州)に来るから。」
「はい、喜んでお邪魔させて頂きます、先輩!」
その会話を涙を浮かべて聞いていた人がいました。村枝賢一さんです。
『ああ、やっとこの時が来たんだ!』
村枝さんは、この時、長年温めてきた構想が一歩現実に近づいたと確信したそうです。

有言実行、8月に福岡で交わされた約束は9月に実現しました。それが今回のイベントだったのです。

余談ですが、佐々木さんは仮面ライダーストロンガー:城 茂を演じられた故荒木しげるさんの晩年に親交があり、駒込にあった荒木さんのお店「どっと混む」で杯を傾けお互いの夢を語りあった仲でした。「バッタもん」の開店も『俺にも荒木のようにもっとファンと身近に接する場所(店)があったらいいな・・・』と思ったのがきっかけでした。その荒木さんと岡崎さんは同郷(共に九州出身)という事もあって古くから親交があり、一度だけ「どっと混む」に遊びに来ていた岡崎さんと佐々木さんは顔を合わせた事もありました。(この時も挨拶だけで終わってしまいました。)そんな夢を語り合った荒木さんの死は、佐々木さんにとってはとてもショックで「やっと友と呼べるヤツが出来たと思っていたのに・・・残念だ。」と涙しました。その荒木さんと親交があった岡崎さんと出会えた事に「きっと荒木が会わせてくれたんだ!」と嬉しそうに話す佐々木さんの目は潤んでました。

そんな色々な思いが詰まって、今回のイベントになったわけです。

その場所に、大病を患い生死の境から生還した速水さんが、退院後初めてファンの前に出てきてくれました。

「これです、これですよ!」

村枝さんの構想が実現した瞬間でした。

トリプルライダー(2号・X・アマゾン)揃い踏みの記念写真撮影の時に、その思いを言葉にしました。

「みなさん、ちょっと聞いてください。こうやってライダー役者さん達が、今回はイベントですが、プライベートで揃ってくれるなんて嬉しいですよね。しかも佐々木さんのお店で。仮面ライダーは、確かに孤高の戦士の物語ですが、実は群像劇でもあるんですよね。同じく、某巨大ヒーローのシリーズでも同じ事が言えます。そして、あちらは“○ンディー4”とか言って役者さん達がユニットを組んでマスコミを騒がせましたが、今ではハワイアンなんかを歌ってますよね。ライダーは、そういったマスコミが作った様なモノではなく、自発的にファンのみなさんと役者さんたちの繋がりで作っていくモノだと思ってました。それが今日実現したんです!佐々木さんのお店に岡崎さんと速水さん、そしてきっと荒木さんの魂も来てくれてるはずです。今日、岡崎さんと速水さんに確認しました。またプライベートで、ここ「バッタもん」に来てくれると。あの内田所長の言葉を借りると、この「バッタもん」を水滸伝の梁山泊のようにしてライダー達が集うんです。お店の名前もバッタもん=バッタ者=飛蝗人間=ライダーですから、ライダー同士が集まる場所として最適なんです。そして、集まったライダー達をこう呼びたいと思います、“ワイルダネス”と。辞書で引くと荒野と出ますが、西部劇では“荒くれ者たち”という意味で使ってます。往年の西部劇や時代劇ファンの還暦を超えた荒くれ者たち=ライダー役者さんたち、いかがです?」

大きな拍手が湧き上がりました。

ファンと役者さんとで作りあげていくライダー役者さんたちのユニット“ワイルダネス”。「荒野の七人」や「七人の侍」のように、佐々木さんのお店にひとり、またひとりと集まってくる。なるほど、クリス(ユル・ブリンナー)も勘兵衛(志村 喬)もスキンヘッドだ!




居酒屋「バッタもん」
(〒173-0014 東京都板橋区大山東町28-6 ダヴィンチ板橋B1
電話03-3962-1825 営業時間17:00~23:00 月曜定休)

佐々木剛オフィシャルファンクラブ【弐剛会】
(顧問:平山亨[元東映TV部プロデューサー、代表作「仮面ライダー」他]、会長:村枝賢一[漫画家、代表作「仮面ライダーSPIRITS」他]、事務局長:篠原明夫[シノハラステージング主宰、代表作「改造人間哀歌」他])

『岡崎徹さんを囲む会』(【弐剛会】会員限定イベント)

*尚、居酒屋「バッタもん」のお席に限りがあります。お店へお越しの際は、電話1本いただければと思います。


スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。