2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父が教えてくれたこと

みなさま、こんばんは。
今日は、秘密基地で溜まった事務処理などを黙々とこなす1日でした。

さて、今夜の話題です。
父との会話で教えてくれた事です。

仮面ライダーで『滝和也さん』役を演じていただいた、前田さんが息子の秘密基地からクルマで10分程度のところで「木のぼり塾」をされていて、少しお手伝いする事になった話は、以前お伝えしたと思います。

そんな事を、父に伝えたときに息子に教えてくれた話です。
『仮面ライダー』10話を撮影中に藤岡弘、さんが大怪我されて佐々木剛さん演じる『仮面ライダー2号』をサポートする役目になった千葉治郎さん(当時)演じる滝和也のFBIという設定に、局側といろいろと説明に苦労したというのだ。


毎日放送の広瀬局長に呼ばれてこう云われたそうだ。
広瀬局長「FBIの秘密捜査官というのは、おかしいのでは?FBIは連邦捜査局で、アメリカ全土規模の警察組織で米国内の事件を担当する。本来であれば、CIA(中央情報局)が国際的な問題担当だが?」

父はこのように切り返して答えた。
「ショッカーは世界各地に支部をつくっており、滝は米国内の問題処理のためショッカーの日本における活動調査のためにFBIの秘密捜査官としてやってきているのです。」
父の頭の中では、CIAよりFBIの方が一般庶民の耳に馴染みがあると思って、この案で押し通したという話があるんだ。と息子に自慢げに話をした。

もう、バッタとの改造人間との説明といい、今回のFBIの設定といい物語を面白くするために考えたものなんだ。
放送局というのは、『理路整然と説明できない』モノだと大変なんだよ。
それは、組織が大きくなれば身振り手振りの説明もさることながら、『書類』で報告しなければならないんだ。そう思うんだ、と独りで納得していました。

でも、その発想のお陰で多くのFanを魅了するものになって、ずっと愛され続けてくれる番組になったのだからと息子は思うのです。


そんな会話がありました。

では、また。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/172-1c84585f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。