2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、父が学園を舞台とする『仮面ライダー』をつくったら

みなさん、こんばんは。
父の見舞いにいってきました。緊急入院した時の病室にいったら、父の姿がありません。
ナースステーションで移転先を聞くと、@@@号室へとのこと。次の場所は、ナースステーションのほど近い場所で休んでました。看護士に容態を聴くと、熱は下がり病院食も口からいただいているとのこと。予想以上の回復です。
ただ、調子に乗ってはいけません。もうすこし、体調をみてからの判断です。

さて、今日は父にこんな質問して見ました。
「オヤジが学園モノを舞台とする『仮面ライダー』をつくるとしたら?」

真っ正面に聞いてみました。すると、しばらく真面目な顔をして
父は『柔道一直線』みたいなヤツかなあ?と答えた。

息子は、スポ根を含めて?と聞くと
父は、ニヤッと笑いました。
あの顔はマジですね。

こんな時代だからこそ、松岡修造さんみたいな“熱いメッセージ”があってもいいかな?なんて息子は思っています。

現役を遥か昔に離れても、
いつも何かを考え「鉛筆と紙」に悪筆でメモを書き留める姿は、本当に頭が下がります。
息子は間違っても「もう、引退したんだから」とは父に向かって云うことは出来ません。
現役のスタッフからすれば、「もう過去の人」とされるのは理解しています。
何かを形に世に出すことも困難でしょう。父も理解していると思います。
でも、父は書き続けたいと望むのであれば息子がそれを止める理由はありません。
今では、パソコンが全盛ですが、父には「鉛筆と紙」があれば十分です。

何だか、纏まりのない駄文になり申し訳ない。

明日の記事予告しますね。
『八手三郎とは、 何者?』のはなしです。
Up時間、未定です。

では、また。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーフォーゼ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます。
読んでいただいているという感触がうれしいですね。

さて、「マスクマンK」という設定が蘇ったか否かについては、現役のプロデューサーまたは会社の偉い人に聞かないと、本当のところは分かりませんね。
もし、同じなら企画書のパクリかも?なんて不謹慎なことをいう息子でした。

そのうち、偉い人から直接注意があったりしてね。
先に、謝っておこう。『ごめんなさい』

はじめましてm(_ _)m

いつも楽しく拝見させていただいております。


さて、この記事を拝見して、思い出したのですが、仮面ライダーの企画立ち上げ時の企画書「マスクマンK」の内容が、舞台は学園(中学校だったと思います…うろ憶えですが(涙))、主人公は、その学園に新しくやってきた教師・九条剛(イメージキャストとして、千葉治郎さんの名が挙がっていたらしいです)が、謎のヒーロー、マスクマンKに変身して…ってストーリーだったと思います。

強引なこじつけだとは思いますが、今の「フォーゼ」は、仮面ライダーの原点原案が、40年の時を越えて実現したのかも…と思った次第でありますm(_ _)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/176-0f1fd71b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。