2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【努力して成長するヒーロー、仮面ライダー】のはなし

こんばんは。
マスクをしてPC前を占拠しております。

明朝は「ニチアサタイム」ですね。明日は、じっくりと画面を視聴しながら、且つ、Twitterでのツッコミを楽しみたいと思っています。
『仮面ライダークラスタ』のみなさん、ナイスなツッコミお願いしますよ!!

さて、今夜の記事は【努力して、成長するヒーロー、仮面ライダー】のはなしです。
手元の資料によると“ライダーショー”の冒頭に父、平山亨がマイクを握って話を始めました。

「仮面ライダーは武器を持っていません。すべて自分の身体と力だけで怪人を倒します。仮面ライダーは、努力して成長するヒーローなんです」と観客に語りかけたのだ。

現役を退いてからも、父との会話のメインは『仮面ライダー』です。
父にこう問いかけました。
「今の仮面ライダーは、武器がたくさんでてくるんだよ」

「最初は、特撮技術をふんだんに使って光線銃なんて案もあった。でも、大変予算が厳しかったから「キック&パンチ」で闘うことになったのさ」
息子
「でも、それがFanのみんなにとって迫真の殺陣と演技になったから、昭和ライダーが好きって人が多いだぜ」

「でも、ライダーごっこして、当てるフリじゃなくて、本当にバチバチ叩いたり、蹴ったりしてるのを見たらビックリしてな」
息子
「でも、幼い頃に“ライダーごっこ”して遊んだ記憶は楽しい思い出だし、叩かれて痛い記憶って大事じゃないか?叩いて、自分も拳が痛い、相手も痛いっていうのは、手加減する練習だと思うんだ」

「おまえも、中々言うなあ」

記憶の糸をたどると、息子は大変短気な性格だったようで喧嘩をたくさんしていたのだ。
でも、棒や刃物は当然使うはずも無く『素手』で『タイマン』だった。

親から『短気は損気』と何度も云われ続けて、今では温厚なおっさんになった。

昔々は、子供同士の喧嘩に親が口を出すことなど無かったように思う。
今では、どうなんでしょうか?

話を戻そう。
旧1号からのライダーのスピリットは、武器は無いのだから自己研鑽によって力と技を向上させ闘ってきた。出版されている様々な本の内容を見ると、「ツッコミ」どころが満載なようだ。
あえて大人っぽく理屈をこねくり回すとつまらないと考えていたと、父は回想している。

「仮面ライダー」は何故赤いマフラーをしているのか?
TV雑誌でこのように説明している。
「赤が人間の血の色、生命の尊さを表す色として、人類の自由と平和のために闘う『仮面ライダー』の気持ちが込められた正義の色」としている。
どうしても、正義って言葉を使わざるを得ないのですね。でも、かっこいいからね。

でも、ライダーショーに何故父がマイクを持って語りかけたのか?
その辺は、聞き漏らしてしまった。

では、また。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/211-898fbe71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。