2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【父、平山亨が憂えていること】そんなはなし

こんばんは。今朝の『特命戦隊ゴーバスターズ』、『仮面ライダーフォーゼ』楽しかったですね。
『ゴーバスターズ』では、Twitter上で、少し厳しめのTweetをUpしたら、早速、お叱りのTweetが。今後の期待を含めてのコメントですので、お許しを。
『仮面ライダーフォーゼ』では、風城美羽ちゃんや、大文字くんが活躍して見ていて楽しかった。2人とも3年生の設定なので、新部長の話などしていると寂しい気もしますね。是非、OB,OGとしての出演を期待したいですね。

さて、今夜の話題は【父、平山亨が憂えていること】のはなしです。
仮面ライダー関連ニュースで映画や、Goodsに売上げが断トツの売上げを出していることを父に伝えたところ、「それは良かった!」と同時に「独り勝ち」という状況は、「いかんなあー」と云っておりました。

昨年は、仮面ライダー放映から40周年という喜ぶべきお祝いの年でもあった訳ですが、社会の注目を浴びると共に、タイムリーな映画や新番組が出来たという事も一因なのかもしれません。もっとも、みなさんに愛される『仮面ライダー』をつくってくれた現役スタッフの賜物でもあります。

父は、東映さん以外で話題になるヒーローものが弱い状況を心配しているのです。
かつては、円谷プロがつくった『ウルトラマン』は、『仮面ライダー』以上のブームと視聴率を得ていました。父は、いまでも円谷英二さんを尊敬しており、父がヒーロー番組を現役でつくり始めた頃は「追いつけ!追い越せ!」と巨大ヒーローに劣らない、等身大のヒーローを寝食忘れて、あれだけの番組をつくっていたのです。

『独り勝ち』の状況になると、競争意識が薄くなり、創意工夫も怠るようになる。そこそこ視聴率が取れて、版権ビジネスで会社が潤えばいいかななんて気持ちが芽生えるのが心配なんだそうだ。

ウルトラマン関連も劇場映画もやるようですし、怪獣を違う視点でドラマをつくったりして、息子の私は、その情報を気にしてチェックしています。

父は、こんな事も話してくれました。
「シナリオライターの市川森一くんが、ウルトラマンを離れてから寂しくなったな。要請があれば、僕がシナリオ書いてもいいんだ。」*間違っても、要請しないで下さい。息子の私がパニックになります。

どんなに年老いても、やはり『テレビ画面の中』がすごく気になる父でありました。

今日は、このへんで。
では、また。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
円谷さんのペンネーム(東 京一さん)から、派生してそんなことをマジ顔で言ってました。

平山さんが創られるウルトラマンも観てみたいですね。予想外の発言に、想像が膨らみます。実現は難しいでしょうけど、面白い話を聞かせて戴きました。想像で楽しみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/212-dc80c4ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。