2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【父、平山亨の素顔】のはなし

おはようございます。秘密基地のあたりは、雨が降って肌寒いです。
秘密基地のデスクPCの明かりだけ灯して、部屋の明かりは消しています。
集中したいときは、そのようにしています。目には悪いかもしれませんがね。

さて、今日の話題は【父、平山亨の素顔】のはなしです。

父は、多忙を極めていましたが、たまには自宅に居る時もありました。
ヤル仕事が無いのではなく、そろそろカラダを休めないと危ないと感じていたのです。

当時、タバコは1日あたり3箱は吸っていました。
家での父のスタイルは、夏はパンツ一丁に腹巻が定番でしたね。
昔の浴槽は、木で出来ていたという事、知っていたらそれは立派なおっさん、おばさんです。
夏場の浴槽は、常に水が張っており熱くてたまらない時は、水風呂に沈んでいました。
我が家に、冷房機が付いたのは本当に後になってからです。
扇風機またはうちわで凌ぎ、窓を開けて通風を良くする。

元来、両親とも冷房が苦手でしたが、いつしか冷暖房機を愛用する生活になっていました。
父が、「ちょっと休憩」と書斎に行くと、3秒もたたないうちに爆撃音のようなイビキが聞こえてきます。家族の誰もが、「凄いな」と思っても、それを咎める人はいません。
少なくとも、家に居る時ぐらい寝かせてあげよう、というのが共通認識でした。

兄が幼少時に台所に立つことを父は大変嫌っておりましたことは事実です。
父は、平山家の長男家の長男でしたので、「それがあたりまえ」という意識だったと推察します。

時代が変わり、父が気持ちが乗ると「ラーメン」作ってやる!と自ら台所で腕を振るうのですから
「父も丸くなった」と、次男坊の私は偉そうに思っていました。
父が作る料理は2種類。「ラーメン」と「オープンサンドの具を包丁で切って盛り付ける」

家族が珍しく揃う日曜日は、ごくたまに作ってくれました。

母は、言ってました。
「つくってくれるのは美味しいし、有難いのだけど、誰が後片付けするのよ!」
母の発言も、もっともだと思い息子は手伝っていました。

クルマを仕事の移動手段に考えていたので、身の丈にあった価格のクルマしか乗りませんでした。
キャロル → スバル360(てんとう虫) → いすゞベレット → トヨタ車(車種は忘れました)を数台乗り継いでました。
貰い事故はあっても、自爆するような事故していないと記憶しています。

父がテレビ番組のプロデューサーをしている事は、次男坊の私には密かな自慢でしたね。
家には、当然シナリオやその準備稿が「当たり前」のようにポンッと置いてありました。
これは息子でも見てはいけないような気がして正直、一度もシナリオの中身を読んだことはありません。

最近、父の名代で出席するような事が多くなり、関係者から「お父さんの後、継がなかったの?」と良く言われます。文章を書くことは好きですが、お金をいただくような文章のレベルでは無いことは本人が一番分かっています。また、同種の仕事に就かなかった理由は、以前のブログ記事に纏めています。

一部の方に誤解されているようなのでここでキチンとお話したほうが良さそうです。
父が仕事ばかりしているので家族はソッポを向き、疎ましく思っている。という事が何方かが喋っているようですが、事実は違います。
どのご家族も同様だと思いますが、子供の年齢が高くなってくると、それぞれの世界での付き合いがあり中々家族で行動する事が難しくなっってきます。
次男坊の私は、両親を「クソジジイ、クソババア」と罵ったことはかつて一度もありません。
母も、何時帰宅するかわからない父のために、食事をつくっていました。
もし、父が「ソッポ」を向かれているという発言があったならば、それは一種のリップサービスだと思いますね。

父が自分の身を削って仕事で稼いできた金銭で「おまんま」を食べ、「学校」に行かせてもらい、他の家庭に遜色ない生活が送れたことを、感謝しています。
サラリーマンプロデューサーって、大変なんですよ。
良くお金の事で、両親が喧嘩していました。物陰から見ていましたね。

最近でこそ、父のこれまで作り出してきた番組や仕事の事を、あれこれWeb上でUpしていますが、自分が家庭を持ち、大事な家族を養う大変さが理解してからでしょうね。父をキチンと理解できたのは。

最近、父が次男坊の私を褒めてくれました。
数年前ですが、カミサンの親御さんと私の親を含めて大人数で旅行に招待しました。
その時の事を、「おまえ、金も時間も無いのに旅行に招待してくれたよな。おまえは偉いっ」って。

へビースモーカーだった父も、きっぱりとタバコを止められたのはさんざん主治医に脅されたと云ってますが、意思の強さの結果だと思います。

父の素顔を一部ご紹介しましたが、普通のお父さんですよ。

ただ、仕事では異常と言っても良いくらいの『負けず嫌い』であることは間違いありません。

この記事は、この辺で。
では、また。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/213-cca4ac52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。