2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【ギリシャ劇・ペルソナ論と仮面ライダー】のはなし

こんにちは。
慢性的な肩こりと背中の張りに悩まれております。先日、街のほぐし屋さんで施術していただきましたが、その施術者の指をぶっ壊してしまいました。(若者よ、すまんな)

この世に出版されている書籍などに「仮面ライダー」が如何にして生まれたのか?と記述しているモノが多数ありますが、父がこの企画の元になったのは「ギリシャ劇・ペルソナ論」だという事はあまり知られていませんね。父が多読王を称していましたが、この分野まで読んでいました。
逆を言えば、映画の監督を目指していた父が、その事を知っていて当然かもしれません。

「ペルソナ」を新解さんと呼ばれる国語辞書で調べてみました。
persona ラテン語 「仮面」の意です。

「ペルソナ論」をここで語ると大変なことになるので、何故「ペルソナ論」と「仮面ライダー」が結びつくのか、そこに絞ってお話します。

元々、「仮面ライダー」が放映されていた時間枠は、裏番組が「巨泉の頭の体操」(視聴率40%という)放送局として大変苦戦しており、今迄4%位の視聴率という惨状であったのだ。放送局の希望としては、何でもいいから、少なくとも15%以上の視聴率を取ってほしいと考えていた。放送局側から東映さんに相談が来て、東映側が考えたのは既存のものをやっても、これから流行るだろうと予測したものでも駄目だと考えたのだった。

当時、父の上司であった渡邉亮徳さんは、随分冒険もするけど、本性は安定型。渡邉さんの座右の銘は「二分の冒険、八分の安定」という堅実な人であった。
そこで、渡邉亮徳さんは、持ち前の切れ味で「逆転の発想」で考えたのだった。
裏番組はお化け番組の「巨泉の頭の体操」だから、普通の発想では負け戦になると「見回して無いものをやれ」となったのだ。
見回して無いものとは、当たりそうもないから、誰もやらないものだ。
当時、「スポ根もの」が大変流行っていた時期でもあり、事実、『柔道一直線』が30%オーバーの視聴率を得ている真っ最中であったのだ。その時期に、「仮面モノ」の企画を出せとなったのである。

それこそ、多読の王と自称していた父は、その引き出しの中に「ペルソナ論」があったのだ。
父の著書にこのような記述がある“得意のギリシャ劇のペルソナ論から引用した『仮面変身論」を軸に最初の企画書が出来上がり、石森章太郎先生(当時)のところへ持っていったのだ。

それからは、みなさんがご存知のエピソードとなります。

父が回想して言うのだが、渡邉亮徳さんが僕の企画力を信用してくれていたんだと嬉しそうにしている。

その父が、息子の私に「鉛筆、赤鉛筆、それがちびた時に使う軸受け、鉛筆削り、それと・・・ノートを用意して持ってこい」と命じた。
今年、83歳を迎えました。それでも、書く意欲は、衰えません。ただただ、その気持ちに頭が下がる思いです。

最近、それをこのまま埋没させるのは「モッタイナイ」気がしています。平山亨 原作として息子が仕掛けようかな?なんて、無謀かもしれないことを考えています。

この記事は、ここまで。
では、また。

ブログランキング、ご支援ください。
特撮部門1位、サブカル部門(全7777件)2位(3月29日0時時点)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
父も、みなさんから忘れられてしまうんじゃないかと心配しています。それでも、息子の私はみなさんの声を届け続けます。

平山さん、本当尊敬しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/245-8f297daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。