2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【 仮面ライダーフォーゼ 最近の展開】のはなし

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツS.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ
(2012/01/28)
バンダイ

商品詳細を見る


こんにちは。
今朝の、スーパーヒーロータイム。見応えありました。

平成ライダーやスーパー戦隊を勉強中の息子の私が、ブログ記事でこの話題を取り上げるのは如何なものかとも思います。しかし、今朝の放映をリアルで視聴して書きたい気持ちが強くなりました。

昭和ライダーや戦隊シリーズのファンのみなさんは、平成以降の「仮面ライダー」「スーパー戦隊」を、どのように視聴しているのでしょうか?

息子の私は、出来る限り「ピュア」な気持ちで視聴するように心がけています。
昭和のものと、比較をすればキリが有りません。

最近、このように思うようになりました。
41年前に仮面ライダーが放映されていた時代背景とは、まったく様相が変化してしまいました。
当時、リアルで視聴してくれたファンのみなさんが、子どもを育てる親になり子ども達を取巻く環境、生活様式、遊び方、人間関係、学校生活、そして親子関係も、変化しているのではないでしょうか。

父が、『子ども達が面白いと思ってくれる画』とそこにメッセージをこめて特撮ヒーロー番組を寝食忘れるほどの勢いで関係者と一緒につくっていました。
番組を作る側も、実は大きな変化があると推察しています。

父は、視聴率を20%以上取ると豪語していました。

でも、スポンサーが納得する数字以上をたたき出しても、「柔道一直線」「ジャイアント・ロボ」など、局側が延長を希望していても制作側が赤字で続けられない事もありました。これは、子ども達とは無縁の「大人の事情」というヤツです。あの当時、儲けるビジネスモデルを構築できる人が父の右腕にいたならば、父が苦渋を味わうこともなかったと思っています。でも、その反面、儲かるビジネスモデルに強烈に縛られない時代であっただろう父の時代が、予算不足で苦しい中での制作活動であっても、幸せな部分もあったに違いありません。息子の個人的推察の域を出ませんがね。

昨年の【伝説のイベント】後から、父の代理として関係者と接触する機会が増えました。良い事も悪い事も耳にします。父は、改めて善悪含めて、ものすごい業界で仕事をしてきたのだと思っています。

さて、今朝の『特命戦隊ゴーバスターズ』、『仮面ライダーフォーゼ』続けて楽しく視聴させていただきました。『仮面ライダーフォーゼ』や『海賊戦隊ゴーカイジャー』を視聴し始めた当初は、正直なところ、大きな違和感がありました。キャスティング、キャラクター造型、世界観の設定・・・まだまだ覚えきれていません。

息子の私は、どうしても父が携わった特撮ヒーローを贔屓目に見てしまいます。
やはり、比較はしてはいけないのです。

同じ『仮面ライダー』を冠にした特撮ヒーローですが、別物として視聴することができるのならば、これほど楽しい時間はないと思います。平成に入って、「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズが継続できているのは「大人の事情」が良い回転をしているのではないでしょうか?

平成ライダーのプロデューサーの方々が、どのような気持ちで番組を制作しているのかは、知ることは叶いませんが、自分が手がけた番組がシリーズとして継続している事は、少なからず「いいね」と思っているはずです。

さて、封切りの映画の話ですが
Twitterのタイムラインを読んでいると、今回の映画『スーパーヒーロー大戦』いろいろな批評があります。批評が割れる原因に、昭和の東映マンガ祭りのひとつとして、映画を上映していた頃と変化があるのです。

いつの時代からなんでしょうか?子どもさんが「映画連れてって!」とせがまれて親子連れで劇場が満席となった時代と違うお客さんの層が増えていると思いませんか?前作の映画『MEGAMAX』を池袋、新宿と違う劇場へ足を運びました。その時の客席に「男性」または「女性」の単身者。もしくは数人のグループが多く見られましたね。主役にイケメンを置いたことが、新たな客層を増やした事が一因でしょう。また、特撮ヒーローブームが続いていることから、非常に目が肥えたファンが増えたことで、細部のチェックが厳しい部分もありさまざまな批評となっている気がします。

今朝の『仮面ライダーフォーゼ』を視聴して思ったこと。
今日は、人間態のドラマが見応えありました。キャラクターの登場を控えめにしても、レギュラー陣の頑張り、そして監督とシナリオライターとの相性が良かったのでしょうか。いろいろツッコミどころ満載な『仮面ライダーフォーゼ』なのは、間違いないのですが、主役の「弦ちゃん」準主役の「流星くん」いつも墓穴を掘っている「賢吾くん」、それぞれ好演していて、さらに次週以降が楽しみになってきました。

それにしても「弦ちゃん」、髪型がリーゼントでなくても、今朝のような髪型?でも「男前」ですよ。
今後の活躍が期待できる俳優さんでもあります。
「弦ちゃん」の短ランの裾から見える赤いシャツも似合ってます。
今迄、「赤」「ピンク」「グレー」、紫もあったかな?
私は、1号ライダーが靡かせていた「赤いマフラー」を彷彿させる「赤いシャツ」が一推しです。


さて、今日は珍しくこんな話題をグダグダの文章で失礼しました。
みなさん、子どもの頃とどのように変わりましたか?あなた自身、あなたの回りも・・・

今日は、ここまで。
では、また。

ブログランキング、視聴率みたいですね。
結果に一喜一憂しています。
数字の増減を父に解説もしていますよ。
ご支援くださいませ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーフォーゼ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/264-ec300956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。