2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【ペットントンの《中の人》ご存知かな?】のはなし

特撮ヒロイン・ファンタジー主題歌・挿入歌大全集特撮ヒロイン・ファンタジー主題歌・挿入歌大全集
(2004/10/20)
テレビ主題歌、朝川ひろこ 他

商品詳細を見る


こんにちは。
昨夜は、疲労のために寝落ちしてしまいました。明け方、目が覚めたら、電灯とテレビが点けっぱなし。いかんですよ。こんなことでは、と自省する。

巷は、金環日食という天体ショーの朝でした。朝は、全く役に立たない私です。テレビで、鑑賞させていただきました。観測用グラスが売切れで、肉眼観察というムチャした方がいませんように。

最近、いろいろな所からお話をいただきます。良い話。残念すぎる話。
話題に移る前に、残念すぎる話を告知させてください。
まだ、著作権が認識が甘い時代のことでした。ビジネス以外でも、父はファンのみなさんの為ならと資料(台本、書籍、写真、音楽、等など)を貸し出していました。きちんと返してくださる、素晴らしいファンもいます。しかし、お返しいただけない資料が、かなりの数になると最近知りました。まだ、お手元にあるなら、ご返却願いたい。父は、間違っても「譲る」という事は申しておりません。「一時貸与」という約束です。あまりややこしい話にしたくありませんので、再度申し上げます。ご返却ください。
返却先は、代理人である私宛でOKです。コメント欄へご連絡ください。

さて、今日の話題は【ペットントンの《中の人》ご存知かな?】のはなしです。

東映さんの不思議コメディの第3作になります。

簡単に、この番組についてご説明します。
1983年10月からフジテレビ系で全46話が放映されました。原作は、ご存知、石ノ森章太郎先生。父は、企画として参加。前2作はロボットものからの方向転換となります。
視聴率は、最高視聴率:20.5%(東映不思議コメディーシリーズ史上最高記録):ビデオリサーチ関東地区

父のメモを開くと
このキャラクターの要望は、最初は局プロデューサーからの注文で、とにかく人間型ではなく人間より小さい奴という内容で、石ノ森章太郎先生にデザインしてもらったのだが、私は心配していた。キャラデザインは素晴らしいのだが、その小さいキャラの中に入ってどうやって動くのだ。と、記している。

局プロに真意はこのようなものであった。
「人間が入っているって判ってしまうデザインでは、今や作る意味がない」

このキャラに入って《中の人》を演じてくれたのは、大野剣友会のメンバー:高木政人さんでした。
当初、中に入れても歩く事すら難しい状況でした。その様を見ていても局プロは止めようとは云いませんでした。局プロが止めないという姿勢に、このスタッフなら、必ずや、やってくれるという信頼だと父は感じていました。

監督に、何とか絵になるようにお願いをしてみた。
心配になり現場を覗くと、監督は意外に機嫌よく
「政人の奴、やってみますって、軽トラから飛び降りて階段上がる所までやりましたよ!」なんて笑って報告してくれた。

それからは、驚きの毎日だった。
スケボーに乗って最長不倒記録をだしたり、通常は、キャラクターの表情を外部から操作して動かす仕掛けを付けるのだが、それを嫌って、自分の口などで動かす工夫をして自分の演技としてやってくれたのだった。

その努力の結果、視聴率が20%を越えた。ご褒美として(?)劇場用映画の撮影では香港ロケまで行かせてもらったほどだったのだ。

名優、高木政人さんはペットントンを終えてネムリンをやっていたある朝、撮影所前で交通事故で亡くなってしまった。

共演していた佐渡稔さんは、こんなコメントされています。
「彼はすっごく勉強してた!動き方とか、セリフの意味を体に入れて、そういう時にはこう動くんだって言って、彼はほんとに凄かったですね。お芝居の勉強をしたいですってよく言って来てましたから。将来は顔も出したいから、お芝居の意味を理解して動きたいからと、凄く勉強してましたね……中に入っている人が、そういう気持ちで動くから雰囲気が出るんだなって、逆に教えてもらいましたね」東映ヒーローネット:第12回インタビューから引用

24歳の若手のホープを失った、大野剣友会二代目代表である岡田勝さんは、人目を憚らず号泣したという。
そして、彼を慕っていた子役達が大泣きしていた。彼は、本当に優しくて現場では子役達を励まして、育ててくれたのだった。

今日の話題は、ここまで。
では、また。

余談
上記主題歌・挿入歌全集がどのような曲が収録してあるかはAmazonのレビューを参照ください。ファンがUPしてくれています。

ブログランキング、第2位に陥落。助けてください(泣


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

はじめまして

いきなりで失礼します。
私も芝居の世界の片隅でスーツアクターをを時々やっている者ですが(今年の東映大作ヒーロー映画にも メンバー引き連れて出ております 笑)今回の記事で追記させて頂きたく、コメントさせていただきます。

私はスケバン刑事に憧れて この世界に入ったので記憶しているのですがが ネムリンは完全に人形操演だったので、ファンとしては高木さんの遺作は初代と二代目の初期の麻宮サキの吹き替え(斉藤ユキと南野陽子)を推して頂きたく ワガママなコメントをさせて頂きました。
Twitter上では @kakakappeiでフォローさせていただいております

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/286-858b77ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【拡散希望!!【ペットントンの《中の人》ご存知かな?】のはなし】

特撮ヒロイン・ファンタジー主題歌・挿入歌大全集(2004/10/20)テレビ主題歌、朝川ひろこ 他商品詳細を見るこんにちは。昨夜は、疲労のために寝落ちしてしまいました。明け方、目が覚め

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。