2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【準備稿というものをご存知ですか?】のはなし

悪魔くん 貸本版 限定版BOX悪魔くん 貸本版 限定版BOX
(2010/05)
水木 しげる

商品詳細を見る


こんにちは。
昨夜は、Twitterでぼやき節を発言して、聞き苦しいところがあり申し訳ない。どうも、イライラの種が発芽すると収まるまでに相当の時間が掛かってしまいます。性格的なものと、ストレス解消が下手糞なところが原因だと思います。

さて、今日の話題は【準備稿というものをご存知ですか?】のはなしです。

父がプロデュースした番組の台本(脚本)をパンチで穴を開けて、順番に綴じていくのが私のお手伝いでした。台本のページ数からすれば、相当な厚さになりますからスクリュー式の一穴のものを一生懸命力を入れて穴あけをしてました。まだ、そのスクリュー式パンチは大事に保存しています。

劇場映画でも、テレビ映画でも台本があって、初めてそれぞれの仕事がスタートします。
監督が実際に撮影する「決定稿」の前に「準備稿」というものがありました。父が関係した番組以外でも、同じような「準備稿」があったのかは私は知りません。
では、何故「準備稿」というものが必要だったのか、その辺のお話をしましょう。

父がテレビ部プロデューサーとして、最初に手掛けたのはご存知「悪魔くん」です。別に、今日の記事に「悪魔くん」をチョイスしたのは特別な意味はありません。(笑)

この番組を制作しているときに、この「準備稿」の必要性を父は考え付いたのです。
父は、この「悪魔くん 貸本版」が大好きで、当時NETに在籍していた宮崎慎一さん(父と同期生です)に相談して、そこから講談社の当時の名物編集長の内田勝編集長と会うチャンスが訪れた。
父が好きだという「悪魔くん 貸本版」を内田編集長は「この面白さがわかるの?」ということから番組制作へ繋がっていくのです。

当時の父は、テレビ番組をどのようにつくるかなんて、手探りの状態でした。当時のスタッフは劇場用映画しかつくったことが無い人ばかりでした。何がどのくらい費用がっかって云々などと考える制作部にひとも映画式の作り方に沿って仕事をしていました。

「悪魔くん」の26話2クールの期間も半ば過ぎたところで、やっと各セクションから領収書が集計されてY所次長からカミナリが落ちたのです。

「ヒ・ラ・ヤ・マ・くーん!!君は東映東京制作所を潰す気か!!」

番組の発注先でありテレビ局からいただく受注額の3倍を超えてしまったのです。

父は、太秦の助監督育ちで太秦の予算管理は進行さんがしていたのだ。エキストラがナンボの、小物がナンボなんてやったことがないので途方に暮れたというのだ。

父を叱る役のY所次長さんも、昔は太秦で今井正監督の大傑作を次々と作った大プロデューサーであったのでした。その大傑作を、やはり予算オーバーして、その予算追加を要請して大騒ぎを演じた張本人なのでありました。そのことを、思い出して笑ってしまった父。

そのYさんと父のおおよその会話を教えてくれた。
「ヒラヤマくーん。君はいつも笑ってごまかす。プロデューサーというのは、会社を騙して金を出させる奴なんだが、3倍とはいくらなんでも多すぎるぞ」
「ごまかすなんて、そんな。どうしていいのか判らないから途方に暮れるしかないんです」
「途方に暮れるなんて訳の判らないことえお云って、済むと思うなよ」
「実際どうしたら予算に合わせられるか教えてくれたらその通りにしますよ。どうしたらいいのか判らないのです。お願いだから、教えてください」


父は、「準備稿」というものを考え出した。それを各セクションに配り、それぞれの責任においてチェックしてもらって、その意見をもとに直して各部納得行く台本にすれば、予算オーバーもなくなるはずだと考えたのでした。

それまでは、生原稿を回し読みするスタイルでした。参加できるスタッフは、局プロと監督とプロデューサーくらいであり、意見を出し合って台本(脚本)の直しをお願いしていたのでした。

今日の話題は、ここまで。
では、また。

余談
最近、都心部に出没することが多くなってきました。
今日は、午後から渋谷の賑やかな場所へ出撃です。
もう、数年も渋谷の街に出撃していないので不安感がいっぱいです。
もう、おっさんですから。

ブログランキング、ご支援感謝しております。
クリックしていただけると親子で狂喜乱舞します(笑
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/293-78202b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【拡散希望!!【準備稿というものをご存知ですか?】のはなし】

悪魔くん 貸本版 限定版BOX(2010/05)水木 しげる商品詳細を見るこんにちは。昨夜は、Twitterでぼやき節を発言して、聞き苦しいところがあり申し訳ない。どうも、イライラの種が発芽すると

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。