2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【父は、役者さんの起用方法に、こんなことを考えていた】のはなし

放送35周年記念 人造人間キカイダー/キカイダー01 MUSIC-BOX放送35周年記念 人造人間キカイダー/キカイダー01 MUSIC-BOX
(2007/11/21)
TVサントラ、秀夕木 他

商品詳細を見る


みなさん、こんにちは。
このところPC前に張り付く時間が取れず、ブログもTwitterも更新できませんでした。
決して、ズル休みではございません。時間があれば、うんうん唸ってネタを捻り出し、UPしますよ!!

今朝の「スーパーヒーロータイム」しっかり視聴しましたよ。私とした事が、ipad2を秘密基地に置き忘れて、なかなかツッコミができませんでした。
『特命戦隊ゴーバスターズ』は、いいですねえ。ビートバスターという先週からの登場キャラの正体が、明かされ楽しい展開になってきました。等身大のヒーローと巨大ロボとの絶妙なバランス。視聴していてワクワクしてきます。
『仮面ライダーフォーゼ』は、最近の傾向として「弦ちゃん」キャラを、さらに格好良く見せてやろうという、意気込みを感じます。髪型をナチュラルにしてみたり、短ランの裏地をさり気なく凝ってみたり。今日は自己の得意技で勝負となりましたが、「弦ちゃん」は、ダブルダッチ。私が、『仮面ライダーフォーゼ』を視聴し始めた頃、彼のプロフィールを検索しました。記憶では、所属する研音という事務所のHPに、彼の特技にダブルダッチ、とありました。これを見て、格好良いだけでなく、リズム感と運動神経もそれなりにあるのだなと、思っていました。これから、『仮面ライダーフォーゼ』の展開は目が離せません!!

さて、今日の話題は【父は、役者さんの起用にこんなことを考えていた】のはなしです。

過去に子供向け番組を「ジャリ番」として見下していた風潮がありました。主演していただいた役者さんの中には、その後大変苦悩されたという事も、父から聞きました。

今年、『人造人間キカイダー』が放映開始から40周年という記念すべき年でもあります。
その、主役を演じていただいた『伴大介さん』などの起用に関して、このような構想があったと聞いた。

某放送局で長寿番組のプロデューサーとして有名な「石井ふく子さん」のようなシステムが作れないかと考えていた。番組に出演してもらった役者さんで良かった人は、たくさん作っている東映の番組で次々使って、できれば『東映の伴大介さん』と云うようにキープしていきたいと思っていた。そうすれば、役者さんも先行きを安心できるから演技に打ち込む事が出来るだろうと思っていたのです。

しかし、何と云っても、東映は受注産業だからテレビ局やスポンサーの意向が優先するので、一応誰々でいきたいと提案はしても相手の意向次第では変更せざるを得ない。ましてや圧倒的スターパワーを擁して他社企画に対抗するためには、もっと大物をというのも無理からぬ次第である、とも。

そういう意味では、割りに自由の効く自分の番組でやるしかないが、これもそうそう自由にもならない。こういう番組では人気があがればキカイダーのジローのイメージが強すぎて、中々ゴローに馴染まないなんていう問題もあり、難色を示す局プロもいたりして思うようにいかないものものだ。というメモが残されている。

そんな中、いくつかの特撮ヒーローを演じてもらう事ができた『伴大介くん』と『宮内洋くん』は割りにうまくいったと思うと、父は思っていた。

『人造人間キカイダー』では、こんな話も父から聞くことができた。
『人造人間キカイダー』のキャラについて、テレビ局にクレームが入った内容。
実は、スポンサーのお偉いさんの奥様が、このキャラクターを見て「気分が悪くなった」というのだ。
このキャラクターは、故石ノ森章太郎先生が好きなキャラクターとしても挙げられるものだが、どうやら頭部の機械が見える構造を、《あるモノ》を連想させてしまったらしいのだ。どのように、このクレームを収拾つけたのか結末までは聞くことはできませんでした。


今日の話題は、ここまで。
では、また。

ブログランキング、ご支援感謝しております。
クリックしていただけると父も喜びます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/297-6d694ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。