2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【父と特撮研究所 矢島会長と2人のお弟子さん:佛田洋監督、三池敏夫監督】のはなし

特撮仕事人(仮)特撮仕事人(仮)
(2012/06/28)
佛田 洋

商品詳細を見る


こんにちは。
昨日の台風は、秘密基地のある地域にも暴風雨が吹き荒れて、穴倉が吹き飛ばされるような感覚に襲われました。今朝のアクアラインも制限速度40Kmというありさま。しかし、安全第一です。クルマが横転してはなりません。

さて、今日の話題は【父と特撮研究所 矢島会長と2人のお弟子さん:佛田洋監督、三池敏夫監督】のはなしです。

数日前から、特撮研究所の矢島会長から某氏を通じてお見舞いの申出がありました。快諾させていただいたのですが、急遽、そのお弟子さんである佛田洋監督、三池敏夫監督も同席することになりました。

当初、お弟子さんの2人と父の関係がわかりませんでした。
そのお見舞いの会話の中で、やっと父との関係を理解することとなったのです。

昨日まで、東映およびその関連会社の現役スタッフがお見舞いに来訪されたのは、1人だけでした。
昨年の春の東映主催の『仮面ライダー』40周年イベント前にも、お声が掛かるどころか取材さえもありませんでした。父も、寂しい思いを感じていたであろうし、私も、今となっては『疎ましい存在』になってしまったのかと辛い気持ちになっておりました。

佛田監督や三池監督の口から出た言葉は、今迄、知らなかった事でした。
「平山さんと出会えて無かったら、私はこの場にいませんでした」
と云うのです。

佛田監督と三池監督は、どうしても特撮の仕事がしたくてツテもコネもない状態で現在の世界へ飛び込んできたのです。
彼等はどのようにしたか?
東映の特撮番組プロデューサーだった父と必死に連絡を取ろうとしたのでした。
電話帳の平山姓をひとつずつ「東映の平山さんのお宅ですか?」と電話を掛け続けたという。
父が大泉の撮影所に呼び話を聞くことになった。

そこで父は特撮研究所の矢島さんが太秦で仕事をしているから「会いに行ってきなさい」と、事前に矢島さんに連絡をした。

矢島さんから父に連絡があった。
「本当に来ちゃったよ」

その当時の話は、6月28日発売予定の『特撮仕事人』の中にあります。
冒頭のAmazonからの情報ではまだ表紙は出てきていないようです。
特撮が大好きなファンは、是非ご購読いただきたい。

父は、その当時の佛田さん、三池さんに『尋常ではない熱意と決意を感じた』という。
佛田さん曰く、『会って話を聞いてくれた事に感激した』という。

父は、この「子ども向け番組」をつくる世界に入って、人の縁に恵まれたと云う。
昨日の会話でも、
『頼もしい仲間がいて彼らに相談すれば何とかなる』と云っていた。
その大事な仲間がひとり、またひとりと亡くなって『心細いよ』と言葉を漏らした。

特撮研究所の矢島会長は
「『仮面ライダー』の時は、俺と石ノ森先生と君と3人で、いろいろ話し合って本当に楽しかった」と当時を振り返る。

父は、矢島会長や故石ノ森章太郎先生のお陰だと云うのだが、それを矢島会長は、お弟子さん2人に云って聞かせる。
「ほら、平山くんって、こういう人なんだ。絶対手柄を自分の事にしない」

昨年から、父の側に寄り添う生活が続いているのだが、父は自分の仕事を自分で誇示したり、誇張することが無い。なにやら、このブログがオヤジ自慢のような気がして恥ずかしい思いもしてきた。

「人の縁」と云えば、東映に同期で入社した仲間との会でも高岩淡相談役が云っていた。
「平さんは、本当に縁に恵まれていたよなぁ」

父が成し遂げてきた仕事、結果としては映像を観れば良い。しかし、私はその当時、関係者の間では何が起こっていたのか、父の気持ちは如何様なものだったのかを知りたいと思っている。

それがひとつひとつ、私が知っていく事は父を知ることであり、これからこの世界に飛び込もうという若者に伝える大事な話になると思うのだ。

今日の話題は、ここまで。
では、また。

ブログランキング、ご支援感謝しております。
首位を陥落して、現在第3位でございます。
返り咲きに、ご協力お願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

『徒然亭相BO』さん、TwitterまたはEメールでお話できませんか?
Twitter Rider_producer
メール riderproducer@gmail.com

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/302-8a900751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【拡散希望!!【父と特撮研究所 矢島会長と2人のお弟子さん:佛田洋監督、三池敏夫監督】のはなし】

特撮仕事人(仮)(2012/06/28)佛田 洋商品詳細を見るこんにちは。昨日の台風は、秘密基地のある地域にも暴風雨が吹き荒れて、穴倉が吹き飛ばされるような感覚に襲われました。今朝のアクア...

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。