2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望!!【声優業界の大御所 飯塚昭三さんと父】のはなし

S.I.C.クラシックス2007 ハカイダー&ハカイダーバイクS.I.C.クラシックス2007 ハカイダー&ハカイダーバイク
(2007/11/23)
バンダイ

商品詳細を見る


こんにちは。
久しぶりに秘密基地にいます。この夏休みはずっと父の入院先へ通っていました。
今日は機嫌が良いかな?また、他愛の無いお喋りができるかなと、遠距離を渋滞時には片道4時間かかっていました。いろいろな状況が許されるなら、一時滞在場所を病院近くにすれば良いのですが、難しいですね。



今日の話題は【声優業界の大御所 飯塚昭三さんと父】のはなしです。

実は、『人造人間キカイダー』の俳優:伴大介さんが飯塚さんに知らせてくれたのでした。

声優:飯塚昭三さんは、《好き!!すき!魔女先生》で、クモンデス役や《超人バロム1》のドルゲ役、そして《人造人間キカイダー》のハカイダー役などの数々の番組において声優として出演していただきました。現在、79歳。大変お元気な様子です。


父は、飯塚昭三さんが見舞い到着まで寝ておりました。時折、肩で息をするのですが枕元で見守っている息子としては心配です。後で、父に問いただすと「別に苦しくはないよ」と言うのですが本当のところはどうなんでしょうか。

予定時間どおりに飯塚さんから、「病院に到着しました」と電話がありました。
看護士さんに介助していただき車椅子へ。ちゃんとお喋り出来るかなと思いながら、飯塚さんをお迎えに。

談話室へ飯塚さんをご案内しながら、父のところへ。
何故か、お見舞いの方が来ると「シャキン!!」とするのです。

飯塚昭三さんとは、本当に久しぶりの再会です。
もう、クモンデス役の声を収録していた頃にタイムスリップします。

クモンデス役の台本のセリフに「カポカポカポ・・・」という行があります。
飯塚さんは、それをどのように発声しようかと思案したそうだ。
飯塚さん曰く、何故クモンデスは、「カポカポカポ・・・」と発声をするようにしたのか?
疑問に思って父に尋ねる。
父は、「なんでだろうなあ」とプロデューサーでありながら惚けた回答。

飯塚さんの軽妙なお話に父は頷き、笑い、驚き、本当に楽しい時間が過ごせました。

父が仲人させていただいた鈴木武幸さん(東映㈱専務取締役)からは、「戦友である」と言われたとか。
本当に長い間、父がかかわった番組に悪役の声として活躍され、今もって特撮番組の声優として引っ張りだこ。

こんな話もされた。
NHKさんの忍たま乱太郎のキャラクターショーを声優仲間で見にいこうとなった。
声をだしたら、子ども達に気づかれるので、後の席でひっそり見ていた。声を出す時は極めて小さな声で。
ショーが終わって、子ども達の大半は会場を後にした。やっと、飯塚さんご一行は普通の声量で会話がしたのだが残っていた子ども達に気づかれてしまった。
子供たちが驚いた表情を再現しながら、父に伝える飯塚さん。
子ども好きな父にとっては、たまらない会話だった。

今尚、声優の仕事について工夫と研鑽を重ね、第一線で活躍されている姿を聞いて父はこんな言葉がでた。

「僕は、こんなに素晴らしい才能の持ち主に囲まれていたんだなあ」


父は、番組で出演していただいた声優さん、俳優さんなどが活躍するのを見聞きすると本当に良かったと笑顔になる。

飯塚さんは父の体調を気遣い早めに切り上げようとしますが、そんなお喋りする量では終わるはずもありません。
主治医のOKはいただいていますからと、引き止めて延長していただきました。

彼此、90分くらいのお喋りでしたでしょうか?
父も楽しそうな表情をしていました。

そして、飯塚さんをエレベーターまでお見送り。

父は、
「じゃあ、また!」と片手をあげながらお別れします。
私は、心の中で
「本当にまた会えたらいいな。親父の嬉しそうな笑顔がまた見たい」
と思っておりました。

父には、現在の病状は言っておりません。おそらく言ったところで動揺する人ではないと信じています。

父にタイミングを見て、
「痛いところ無いの?」
「どこか苦しいところは?」
と聞きますが、お前は何を言っていると言いたそうな雰囲気で。
「どこも、何ともないよ」
と答える。

ある意味では、苦しいとか痛い等といった状況に追い込まれていないのが救いです。

お見舞いに来てくださる方々は、当方から言わずとも「ブログ見てますよ」と言ってくださる。
何方かが、平山亨の息子がブログをUPしている事を伝えてくださっているのでしょう。

改めて、お礼申し上げます。

まだまだ、父は元気にお喋りできます。
喋り始めて、エンジンが掛かれば延々と続きます。
主治医は、お喋りで本人が元気になれば良い事ですよ。と、仰ってくださっているので心配無用です。

看護士や主治医も、気遣って談話室まで巡回してますから。


本当に、飯塚昭三さん、そしてご紹介してくださった俳優:伴大介さん、有難うございました。
父は、「戦友」が父を気遣って会いに来てくれることが嬉しいと言っています。

そして、父がまだお喋りができる状態が続くのなら是非、また会いに来て下さいね。


余談
昨夜のドラマで「鳩村云々・・」タイトルのもので外科医が事故現場で「心タンポナーデ」だと即時に診断して、処置するシーンがありました。そんなに簡単なものなの?と半分思いながら「テレビドラマだから」と納得していました。簡単に刺して「ピュー」と心臓の水が抜けたら、いいなと思った次第です。(あまりにタイムリーなものだったので)


今日の話題は、ここまで。
では、また。


少しだけ気にしてください、ブログランキング。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/325-2ec39c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。