2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親が老いるって、こういうことなんだ。




やっとblog更新する時間がとれました。

ほとんど休みらしい時間がとれず、親の入院費や母の生活費&介護費用を捻出しなければならず

奔走する日々が続いています。


最近、親が老いるってこういう事なんだと切実に感じています。

あれほど、家にじっとせずにファンの集いなどに参加していたのが昨日のように思います。

私との会話も成り立つ事が少なくなってきました。

直近の記憶力も急激に衰えてきています。もう父自身の足で立つことも、歩くことも出来ません。

父の痩せた写真を病床の父に見せたら、「これ誰だ?母さんか?」という始末。

日々の簡易検査の数値は安定しているものの、

『老いる』

という現象は止めることができません。

ずっと、見舞いをお待ちいただいた某氏に私から連絡しました。

「感染症対策が緩和されたので、会ってやってもらえますか?」

某氏は快諾されたのは云うまでもありません。

もう、このタイミングしかないのかと思っています。

見舞い客を誰だか認識するのに時間が掛かったり、会話が成立しない事は伝えました。

それでも、

『会って励ましたい。』

と云っていただき、感謝しています。

私には3人の親がいます。

実父(もうすぐ84歳)、実母(76歳)、そして義母(82歳)。

カミサンは、義母の面倒を。実兄は、実母の介護。

そして実父を私が面倒をみている状態です。

おたがいに愚痴と簡易報告はするようにしています。決して無理はしないこと。

息子等が倒れたら、総崩れになります。

あとどれ位の命の時間があるのかは、神のみぞ知ることです。

父の出版した【泣き虫プロデューサーの遺言状】にも寄稿しました。

『120歳まで生きる。』

『じゃあ、俺は130歳だ。』

その言葉を信じて、これからも日々父のいる病院へ向かいます。


今日の話題は、ここまで。
では、また。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/360-01976859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。