2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【語れ!仮面ライダー】と、入院先でのひとこま




KKベストセラーズ編集部さんから、本が届きました。
心づかい、感謝申し上げます。

次回の面会時のみやげにします。

この書籍編集部とは、某氏を介して「オヤジの写真を拝借したい。」ということろから繋がりました。

オヤジと昨年末に亡くなられた阿部征司 元東映プロデューサーの記事でした。
この記事のライターさんは、秋田英夫さん。残念ながら私は未だお会いしたことがありません。
Twitterで相互フォローさせていただいているので、「よろしくお願いします」と簡略な挨拶しました。

写真も豊富で、1号から続く『仮面ライダー』を知る上で、昭和ライダーを知らないライダーファンで
あっても、読みやすい内容になっています。
是非、お近くの書店、通販などでご購読ください。

表紙の写真に私は、鷲づかみされました。


先日火曜日、オヤジの入院先でのひとこまです。

彼これ、オヤジが入退院を繰り返して2年の年月が過ぎました。

病院スタッフも多くの方が面識をもつようになってきました。

中でも、病院内の売店女性経営者が優しくいろんな話を聞かせて、癒してくれます。

その女性経営者は、この病院で店を構えて長いことになります。ほんとうにいろいろな入院患者さんや

その家族達と接することが多いのでしょう。

いろいろな家庭事情から次男の私だけが、いそいそとオヤジの面会に来ていることもご存知です。

半分笑い話、半分真面目な話。

「あなたも大変よね。でもね、そこまでお父さんに尽くしたら後悔なんてしないわよ。」

「有難うございます。でも、看護士さんやスタッフさんが本当に良くしてくれるので、実質やることは無いのですけどね。」

「そんなものよ。でも、家族が様子を見にきてくれる、という事が大事なのよ。」

「ええ、そうですね。」

オヤジの飲用ミネラル水をお会計しながら、こんな会話をしています。


その時に、オヤジと共同プロデューサーをして活躍した阿部征司さんのブログ
『仮面ライダー40周年 仮面ライダーを愛する男』 http://kamenrider40th.blog81.fc2.com/

お嬢さんが入力した記事のことを思い出しました。

退院には2種類あるそうです。
生きて病院を出る退院と、亡くなって病院を去る退院。


故阿部征司さんのご家族の気持ちを察すると、非情に心が痛みます。


オヤジの状況ですが、未だ点滴投与、酸素吸入を外すことができません。
会話も、ほとんど成り立たない。

希望していた新しい電気髭剃りを見せて、笑ってくれたのかな?というレベル。

オヤジの“生きる力”を私は信用しています。

ちょっと涙腺にスイッチは入りそう。。。

今日の話題はここまで。
では、また。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/365-63df71f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。