2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【石ノ森章太郎ふるさと記念館&萬画館に行ってみた!】の巻

写真

予告通り、1月26日のお話をアップさせていただきます。

その前に、ブログ更新が休止していた理由を少しだけ。。。
ご存じのとおり、昨年7月31日に最愛の父を亡くしました。
女々しいかとは思いますが、まだその影響が少なからず残っています。
このブログは、かつては父の近況や情報を発信するために立ち上げた経緯があります。
父も再起をかけて頑張っていました。それを何よりも優先させて私も支えてきました。
でも、またみなさんの前に元気な姿を見せることが叶わず、父は亡くなりました。
寂しいという気持ちより、どんなに父に尽くしてきても後悔の念は拭いきれないのです。

昨日、俳優 速水亮さんから『ブログ更新してよ』と云っていただいたの機に
主題は最愛の父から、故石ノ森章太郎先生、ライダー俳優さん等、そして大野剣友会のみなさん
そして関係者のみなさまにスポットをあてながら記事更新をしていきます。

さて、最初はデカデカと通称V3公園と呼ばれる場所にあるV3の像をUpさせていただきました。
この写真は、どーん!と大きな写真でなきゃいかんのです。
この像は、宮城県にある石ノ森章太郎ふるさと記念館の近隣にある公的な名称は前田公園にあります。
足元には、V3のベルトをモチーフにしたものや、俳優 宮内洋さんの手形もあります。

本題の【俳優 速水亮さんのトークショー】です。
司会はイラストレーターの工藤稜さん。(ググってください。良い絵を書いています)
観客のみなさんもかつてリアルに視聴していたであろう方々の年代から、小さなお子さんまで会場に溢れんばかりの方々が集まってくださいました。本当にありがとうございます。

速水さんのお話を一度でも聴いたことがある方なら、ご理解いただけるでしょう。
速水さんは会場にいる方々の様子から台本なしでお話しをすることができる方です。
40数年前の番組がこれほどまでに愛し続けていただけるのは『正義』が主題にあるからと、話がスタートしました。『正義』の話は、突き詰めていけば難しい事になりますがここでは勧善懲悪の単純に明快な『正義』としてです。

仮面ライダーウイザード最終回に『人類(人間)の自由のために・・・』というセリフがありましたね。
関係者からお聞きした話では、父が亡くなった後のシナリオでしたから1971年に放映開始された『仮面ライダー』の悪と戦う理由を持ち出したそうです。

古今東西のヒーローで、それぞれの主役を演じた方の苦悩はどうしてもその色(仮面ライダー、ターザン、スーパーマン等)が強すぎて、ほかの仕事のオファーをしてくれないケースが多々あること。それは、父の口から聞いたことがあります。顔を売るなら主役に抜擢されて活躍するのがいいが問題はその後なんだよ、と。父はそのことを承知していましたから、サラリーマンプロデューサーを定年で退職したあとも、テレビ局や製作会社を回っていました。仮面ライダーで頑張ってくれた俳優さんの活躍の場をつくるためです。あの父をして「なかなか厳しいなぁ」と漏らしていた記憶があります。

当然、あの話題がでました。
ちょうど日曜日でしたから『仮面ライダー鎧武』の放映で春のライダー映画の告知があったようです。
ニュースで38年ぶりに1号ライダーの藤岡弘、さんが変身ポーズを!に巷は大反響!!
ニュースはOKでも速水さんの口からはまだ言えないそうです。
それでも、ひと言。「期待は裏切らない。是非、劇場で!!」とのことです。

トーク中盤でサプライズゲストに漫画家 村枝賢一先生が登場!!
やはり、昭和ライダーがふたたび脚光を浴びるようになったのは、『仮面ライダーSpirits』のおかげでしょう。
そのことは、昨年、村枝先生お聞きした際にこんな回答があったのを思い出しました。

村枝賢一先生曰く、
『昭和ライダーが好きなひとは、ずっとたくさんいたんだ。でも、その受け皿が無かっただけですよ。』
私は、謙遜している部分もあろうかと思いますが、まぎれでもない功労者であることは間違いないでしょう。
そして、フットワークの良さ。本拠地は九州のはずですが、まさか宮城県登米市で会うとは思いませんでした。

石ノ森章太郎ふるさと記念館の熊谷館長の話では、父が数回ほどふるさと記念館にお邪魔していたようです。
どこに行くか何も云わない父でしたから仕方がありません。(母は父の行動について、まったく興味がありません)
記念館の近くには故石ノ森章太郎先生の生家もあり、見どころは満載です。

今回の旅路は日帰りでした。
君津から高速バスで東京八重洲。
新幹線で仙台へ。
仙台からレンタカーで石巻の萬画館→登米市のふるさと記念館

知らない土地でも、ナビさえあればなんとかなります。
夕方から仙台へ高速道路走行中に雪が吹雪いていたのは、さすがにビビりました。
地元の方は、速度を緩めないのですね。

ラクちんで、気ままな旅はレンタカーに限ります。
同行してくれたのは、フェイスブックの友人でした。サンクス。

萬画館の話題は、次回UPします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/402-fd6a73cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。