2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレ、何だ?



おはようございます。昨日は、都心部にクルマで向かいましたが大渋滞に巻き込まれて大変でした。秘密基地から3時間の小旅行です。

さて、写真の3つのモノは何でしょう?

答えは「上からマリコ」←呆けてみました。ごめんなさい。
上から、①鉛筆の軸受け ②uni芯ホルダー ③ホルダーの芯 でした。

3つとも、父がかつて愛用してモノです。
①は、昭和4年生まれの父が、気軽な筆記具といえば当時、《鉛筆》でした。世には、既にシャープペンシルが発明されていましたが、東映に入社した1954年頃は、まだ高価な筆記具でありキモの芯もまだ、現代ほどの強度はありませんでした。1960年大日本文具(現在のぺんてる)がハイポリマー芯を開発し、これによって現在使われている0.5mm芯が完成しました。筆圧が高い父は、高価で強度が足りない当時のシャープペンシルより実用的な鉛筆を使ってましたね。鉛筆も削るとちびた鉛筆になり軸受けが必要になったということです。

②鉛筆に遅れて、芯ホルダーを使ってましたね。先が尖っていなくてもかまわない父は、ガシガシ書くことに向いてました。

③ホルダーの芯は、やや濃い目を使ってました。

我が家には、父が使っていた整理ダンスがありました。その一つの引き出しの一部が子どもが勝手に触って良い筆記具がありましたね。ちびた鉛筆や小さくなった消しゴム。息子は、それが原因かどうか定かではありませんが、「文具ヲタ」に近い嗜好があります。
息子に、刃物の扱いを最初に教えてもらったのも、《肥後守》や《ボンナイフ》を使って鉛筆を削る事。
子どもに安全な刃物の使い方を教えてもらう大事なチャンスでした。今の親御さんは、どうなのかしら?
確かに、勢い余って 怪我したこともあります。身をもって、安全な使い方を学べば良い事だと思います。

さて、父の愛用してモノは、次はどのネタにしようかしら?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

Re: 今は、ハサミも注意されます。

時代の流れというものは、時として残酷なものです。学校が恐れているのは「事故」なんですよ。もし、怪我をしたらどうしよう?すべての児童や生徒の手元まで注意を払うのは難しい。→危険を減らすために刃先を見えないものにしてしまう。少なくとも、学校でおしえきれないものは、各家庭でフォローすべきだと息子は思いますね。

今は、ハサミも注意されます。

今の小学校では、工作用のハサミさえ、安全カバー付き(要するに、刃が剥き出して居ない物)で無いと、持って行け無いらしいのです。ほんとは、刃物の使いか方を知るべきなんでしょうけど、その親達も使え無いのなら仕方が無いのかも知れませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/51-ecf8d213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。