2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の背中

みなさま、あけましておめでとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
今日は元旦ということもあって、息子は家族サービスに勤しんでおりました。
現在は穴倉に戻って、あれこれ考えています。
さて、今年初の記事ですが「父の背中」と題してお届けします。

昭和4年生まれの父は、文字どおり関白主義で男尊女卑でありました。
男子たるもの厨房に入らず。我慢こそ美徳。今時の方々が聞いたらビックリするような部分があります。
父は、仕事の愚痴は一切家庭では吐きません。家族には当たらないものの、「下手くそな口笛」を吹くようなことになると、家族は揃って父の顔色を覗きながら微妙な距離をとっていました。

母が、「今日は何時頃お帰りになりますか?」など聞こうものなら大変です。機嫌が悪くなり、そんなこと聞くなと一喝。父は、サラリーマンであって、サラリーマンと全く異なる仕事でした。定時出社?定時帰宅?何のことでしょうか?息子は、あんなに寝不足で膨大な仕事をする父を見て「また、倒れるんじゃないか?」心配していました。

何本もテレビ番組を抱えていた父は、視聴率に一喜一憂しながら「プロデューサーとしての勝ち負け」を常に意識して仕事をしていました。売れないプロデューサーが、どんなに辛く情けないものか知っていたからです。誰にも負けたくない、その気持ちが、企画書を何本も書き続ける原動力になったのでしょう。どうやったらアタル企画書を書けるようになるか?息子にこう言ったのを憶えています。とにかく物事に興味を持つこと。話の引出しをたくさん揃えること。ひたすら書く!最近、著名なプロデューサーがこのようにも言っていました。「良い企画というものは、15秒も読めばわかるもの。」息子は、この話を読んで頷いていました。

父は東大美学を卒業したばっかりに、新人時代から虐められていたといいます。そして、何本も番組を抱えるようになった時でさえ、東大卒が…という陰口もあったようです。父は、ああ見えてもビビリですから少なからず堪えていたのではないでしょうか?そして、何くそ!という発奮材料になっていたとも言います。

父は定年後も企画書を書き続けています。会社の名刺が無くなれば、ただの爺さんです。その事は、本人が理解しています。「平山亨」というプロデューサーの存在理由を示すために、企画を考え書き続けさせているのだろうと息子は思っています。定年をそろそろ迎えようとしていた頃、平山亨は業界では終わっていると陰口叩く輩もいたようです。息子は、その方々に申し上げたい。陰口いうあなた方は業界に何を残しましたか?よく胸に手を当てて、自問自答してくださいね、とね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

父の背中…

大変だったのだろうなぁと想像に難くない事は解ります。
民放で放映されて、視聴率に縛られ、玩具の売り上げもとなれば、尚更だったのでしょうね。
一つでも番組が打ち切り等に成った時のプレッシャーは相当だったでしょうね。だから、
ガキ番でも手を抜く事なく制作・企画為れて居られて居たのでしょうね。
市川森一氏の言った言葉「正義」でなく「平和」と「自由」のヒーローが駆け巡り活躍して居たのでしょう。
“ウルトラマン”・“ウルトラセブン”も金城哲夫氏が拘った部分なんでしょうね。
私は、幸か不幸か父親の背中を中学1年で見ることが出来なく成りました。
別段、悲しむ事無く、時折無性に救急車て運ばれて行く言葉が耳にこびりついて離れませんが(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/61-310193d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。