2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月2日の他愛ない父との会話

こんばんは。先に写真をいれた記事をUpしました。過去の記事を見て、あまりに写真が無い記事が続いて申し訳なくなりましたものですから。やっぱり写真があった方が楽しいですよね?著作権など、全く気にしなければ山ほど載せたいモノがありますが、そこは大人の世界がありますので我慢です。

今年初めて、父の見舞いに行きました。父の本当の気持ちは、正月は我が家で迎えたかったようです。中々、いろんな状況が許さず、父には申し訳なく息子の時間が許す限り、面会に行っている次第です。

今日は正月らしく、緩やかな時間の流れに任せて親子の会話が始まりました。
父=平山亨は、読書の虫が疼いているようで自分のノートメモ帳を息子に見せて、「これとこれな!」と息子に指示。息子は、父の目の前でAmazonで検索してみて父に「これだね?」と伺う。父の興味津々な分野は広く、こうやって息子も同じ話題に触れていくのです。具体的な本の話はいずれご紹介していきます。父の興味の守備範囲が広く、これが何故、ヒーローモノと繋がるのか不思議になると思います。いろんな事に興味を持って、それが点になり、線になる。人間関係を描く下地になる。歴史、人情話、最先端科学、地理、学園もの、挙げればキリがありません。
息子の私には、気兼ねなく質問もします。真剣な話もするし、法律的な解釈を交えた話や多分ほっとけば延々と会話が続くと思いますね。

一つ会話を紹介します。京都撮影所時代の話です。
助監督時代に明け方まで仕事がかかって、やっと帰宅した道中に警官から職務質問をされた話です。
昔の撮影所と言ったら、海千山千のモノが集まっているような所でした。
警官「こんな時間になにをしている。」「そこの交番まできなさい!」
父「はい、わかりました。」と、交番へ。
警官「何の職業をしている?」父「そこの撮影所で仕事をいています。」警官「荷物を見せなさい。」…
散々つまらない質問をされたあげく、あなたの身元引受人が交番までくれば帰ってよし。
制作主任さんに電話して事情説明して、きてもらった。その制作主任さんも、仕事明けで自宅で一杯やっていて酔っていた。警官とすったもんだして、やっと帰してもらったそうだ。息子は、都心部でかなりの確率で「職務質問をされる。」話をしたら、父はビックリしていたが今日日の警官は、ソフトタッチで職務質問してくると、言ったら時代が変わったなとつぶやいたのだった。

他の会話はいずれUpしますね。
では、また。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/65-cf90d321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。