2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月24日のツイログより

仮面ライダー列伝より。企画書「クロスファイヤー」をもって石森(石ノ森)章太郎さんに会っていた。簡単な意図説明。即座にキャラクター作り!石森さんは、「僕は、絵で考えるんですよ。」サラサラと絵を書いていく。「良い絵が出来るときは、その企画が良いからだと思うんだ。」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: No title

コメント、ありがとうございます。息子は、残念ながら絵心がありません。でも、父は、石ノ森先生と一緒に仕事が出来た事を、心から感謝しています。

No title

『イイ絵ができるときは、その企画がイイから』・・・。なんか偉大なものを感じます。絵のうまい友人に「どうしてそんなにうまく描けるんだい?」と問いかけたら、「うまい下手なんか気にしてたら絵は描けないよ、大事なのは楽しもうとする気持ちを失わないこと、その絵の題材をフルに生かすことだよ。その2つがあったら、自然とサラサラペンが動くんだい♪」と言ってました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/7-75a7a9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。