2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー VOL.1 [DVD] 立花藤兵衛さんこと、小林昭二さんの巻

仮面ライダー VOL.1 [DVD]仮面ライダー VOL.1 [DVD]
(2005/10/21)
特撮(映像)、藤岡弘 他

商品詳細を見る


こんにちは。大人の事情で故小林昭二さんの写真が掲載できなくてごめんなさい。
「仮面ライダー」といえば、おやっさんこと、立花藤兵衛役を演じていただいた、故小林昭二さんのことをお話しなければなりません。

父と故小林昭二さんとの出会いは、TBSで『ウルトラマン』と次回作『キャプテンウルトラ』の番組引継ぎパーティーが行われた際に小林さんと歓談する機会を持ち、小林の子ども番組に対する真摯な姿勢に深く感銘を受けたと言います。この出会いが、のちに『仮面ライダー』の立花藤兵衛(おやっさん)役の起用に繋がったと言っていました。

小林さんは、後輩の面倒見は良いという話をたくさん耳にします。しかも、主役の俳優さんへの配慮なのか大勢の目の前で演技指導などはめったにしなかったと聞いています。

小林さん自身、某番組のゲストで出演されたとき「7号ライダーまでですね。」と『仮面ライダーストロンガー』まで出演していたことはしっかり覚えており、ライダー達に対しても「長くいると情が沸くと」と語っています。

父の話では、『仮面ライダー(スカイライダー)』の企画段階で再び小林さんに立花藤兵衛役を依頼されたところ固辞され、「藤兵衛役を卒業し、役者として、さらに次の段階に進みたい。」と話した。父は、常に先を目指そうという小林さんの役者魂に感銘を受け、喜んで送り出す気持ちになったと言っていました。

小林昭二さんが、立花藤兵衛役を長く演じていただいたお陰で『仮面ライダー』が長く愛され続けた番組になったことは間違いありません。
もっとエピソードはありますが、その話はまたの機会に。

では、また。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderproducer.blog.fc2.com/tb.php/81-fe61413e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。