2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Giant Step

Giant StepGiant Step
(2012/01/25)
Astronauts

商品詳細を見る


おはようございます。来る1月25日発売だそうです。
Twitterでフォロワーさんが告知していたので、お知らせします。
今日は都心で打合せしていますので、ブログ記事はお昼休み頃かな?というレベルです。

では、また。

お詫びと訂正でございます

こんばんは。
大事なブログ読者さんから、お叱りがありました。
芸名とはいえ、名前を間違えるとは何事か!

はい。本件につきましては素直に謝ります。
既に、訂正した名前でUpしております。
本人ならびに関係者、Fanのみなさまに不快な思いをさせた事を深くお詫び申し上げます。

テーマ:仮面ライダーフォーゼ - ジャンル:テレビ・ラジオ

予告編 【ゴレンジャー】のはなし

こんにちは。木曜日の晩が近づいています。明日頑張れば休みという方も多いでしょう。
さて、今夜の話題は【ゴレンジャー】のはなしです。

仮面ライダーつづきでしたから、一息入れましょう。

Up時間は17:45に予約しました。
それでは、お楽しみくださーい。

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

武士の後姿を感じさせる【大野剣友会】のこと

みなさま、こんばんは。今年一番の冷え込みと聞いていますが、大丈夫ですか?
息子は、海坊主のような体型をしていますので誰も心配してくれません。

さて、今夜の話題は、武士のようなうしろ姿を感じさせる【大野剣友会】の話です。

息子が散々宣伝しているので、「仮面ライダーをつくった男たち1971-2011」の中でもうご存知だと思いますが放映当初から「仮面ライダー」を支えてくれていたのは【大野剣友会】の方々です。今では、スーツアクターとかっこいい呼び名がついていますね。

つい先日もTwitter(@Rider_producer)でお喋りさせていただきましたが、「ワイヤーアクションよりも中の人の生身の殺陣が大好き!」とつぶやいたら、多くのFanの方々が賛同していただきました。
旧1号からの闘い方というのは、キックとパンチのみがライダーの技であり、その技で怪人と闘っていました。武器なんて持ちませんでした。だからこそ、強さをアピールするためにあの《殺陣》は必要不可欠だったのです。

無論、反論もあろうかと思います。時代が要求すれば「仮面ライダー」像というのも変わって(進化というべきか?)当然だと思います。現在放映中の「仮面ライダーフォーゼ」などは、武器が非常に多彩で合計40種になると聞いています。(そうですよね?東映さん。)しかも、宇宙まで行ってしまうのですから。

そうは言っても、息子の私は日曜日を心待ちにして放映中は画面を見ながらTwitterでボケとツッコミをして楽しんでいます。もう、「仮面ライダー」クラスタが一斉にTwitterで叫びまくってますから、タイムラインの流れの速さは大変なものです。

おおらかな気持ちで放映中の「仮面ライダーフォーゼ」を視聴すれば、これまた楽しい時間になります。

さて、話を【大野剣友会】に戻しましょう。
父に連れられて生田スタジオの行った時の話です。
息子が目にしたのは、いわゆる中のひとが撮影を終わってキャラクタースーツを脱いでいるときです。
おそらく大変かっこよく思ったのでしょう。中のひとにサインをねだった事を記憶しています。そのとき、中のひと、困っていたなあ。

7月の【伝説のイベント】で【大野剣友会】の方々と会い、ご挨拶させていただきました。
あれから40年経過しても立ち姿はシャンとして、もう「武士の後姿」という表現しかありません。
ご年齢もそれだけ重ねられても、日頃の鍛錬を続けているのか年齢を感じさせない凄さというものを感じましたね。

【大野剣友会】のサイトは準備中ということです。
メンバーの《石澤幸子》さんがブログをされていますのでリンクへ貼っておきますので覗いてみてください。また、石澤さんTwitterもされていますので、フォローするといいかもしれません。

では、また。

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

人気の「蜂女」と「お化けマンション」のこと

おはようございます。通勤電車?の友、泣き虫プロデューサーの「いいから、俺にしゃべらせろ!」の時間です。
今日の新規記事は、「蜂女」と「お化けマンション」ですよ。

蜂女キャラクターは、人気があるようですね?写真載せたいけど。東映さんから警笛がなりそうなので、ごめんなさいです。

蜂女は、1971年5月22日放映「怪奇!蜂女」という題名でした。脚本は、滝沢真理さん。監督は、北村秀敏さん。仮面ライダーでは、珍しく女性ライターが執筆していただきました。女性ライターだからこそ、1度敗れても、ルリ子を利用して本郷暗殺という二の手を打ってきたり、作戦の失敗を部下の戦闘員に擦り付けたりと。冷酷非情な面を描ききったのは、すごいと思いますね。(滝沢真理さんは、女性ライターという事を言われるのを嫌い、"滝沢真里”というネームも使用していました。脚本家:故市川森一さんが当時、紹介したライターさんでしたね。)

さて、「お化けマンション」が全体を撮影する形で放映されたのは、「蜂女」の回が最初だと記憶しています。この物件は、裁判沙汰になり、建築途中で野ざらしにされコンクリート基礎工事終了後の状態のままだけにインパクトがものすごく、子ども心にも印象が強く残る建物でした。その後、何回かこの場所が特撮ヒーローものの撮影現場になったことは、みなさんご存知だと思います。
生田スタジオの周辺には、こんな絶好のロケ現場があったのです。
この「お化けマンション」は、1991年に取り壊しになったと聞いています。

では、また。

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

仮面ライダー VOL.1 [DVD] 立花藤兵衛さんこと、小林昭二さんの巻

仮面ライダー VOL.1 [DVD]仮面ライダー VOL.1 [DVD]
(2005/10/21)
特撮(映像)、藤岡弘 他

商品詳細を見る


こんにちは。大人の事情で故小林昭二さんの写真が掲載できなくてごめんなさい。
「仮面ライダー」といえば、おやっさんこと、立花藤兵衛役を演じていただいた、故小林昭二さんのことをお話しなければなりません。

父と故小林昭二さんとの出会いは、TBSで『ウルトラマン』と次回作『キャプテンウルトラ』の番組引継ぎパーティーが行われた際に小林さんと歓談する機会を持ち、小林の子ども番組に対する真摯な姿勢に深く感銘を受けたと言います。この出会いが、のちに『仮面ライダー』の立花藤兵衛(おやっさん)役の起用に繋がったと言っていました。

小林さんは、後輩の面倒見は良いという話をたくさん耳にします。しかも、主役の俳優さんへの配慮なのか大勢の目の前で演技指導などはめったにしなかったと聞いています。

小林さん自身、某番組のゲストで出演されたとき「7号ライダーまでですね。」と『仮面ライダーストロンガー』まで出演していたことはしっかり覚えており、ライダー達に対しても「長くいると情が沸くと」と語っています。

父の話では、『仮面ライダー(スカイライダー)』の企画段階で再び小林さんに立花藤兵衛役を依頼されたところ固辞され、「藤兵衛役を卒業し、役者として、さらに次の段階に進みたい。」と話した。父は、常に先を目指そうという小林さんの役者魂に感銘を受け、喜んで送り出す気持ちになったと言っていました。

小林昭二さんが、立花藤兵衛役を長く演じていただいたお陰で『仮面ライダー』が長く愛され続けた番組になったことは間違いありません。
もっとエピソードはありますが、その話はまたの機会に。

では、また。

テーマ:仮面ライダー - ジャンル:テレビ・ラジオ

カラー版 超合金の男 -村上克司伝- (アスキー新書)

カラー版 超合金の男 -村上克司伝- (アスキー新書)カラー版 超合金の男 -村上克司伝- (アスキー新書)
(2009/04/09)
小野塚 謙太

商品詳細を見る


おはようございます。今日から活動再開です。
今日の記事は、父との会話に出てきた「超合金」シリーズを世に出した、村上克司さんの話題です。
未だ、人気を誇る「超合金」シリーズ。この前、バンダイさんのサイトを覗いてました。当時、息子が遊んでいた「サイクロン号」などの超合金は、販売していませんでしたが、「頑張れ!ロボコン!」は、ありました。何だか嬉しいですよね。父が、以前東映さんから連絡があって「平山さんの手元にありますか?」と、問い合わせがあったそうだ。メーカーにも在庫が無いし困ったそうだけどね。我が家も、あれから数回引越しを重ねているから、何処かに眠っているのだろうけど。
息子は、当時の「超合金」シリーズの子どもとしての感想は、持って重さを感じる玩具であり、かつ、ちゃんと細部までの造り込みが整って、部品が動くし本当に楽しいものでした。
父との会話で、息子が「村上克司さん」を知っていたことをビックリしており、「おまえも、中々勉強してるな!」と言われて照れていました。
父が携わった子ども番組には、息子も少なからず興味があり書籍や玩具などは目に飛び込んで来ますよね。

では、また。

カラー版 超合金の男 -村上克司伝- (アスキー新書) »

«  | ホーム |  »

プロフィール

次男坊

Author:次男坊
【泣き虫プロデューサーの遺言状】講談社より好評発売中。
父、平山亨は、2013年7月31日23時24分心不全により他界いたしました。

riderブログランキング

FC2Blog Ranking

お読みになったらポチッとね。

秘密基地へ、ようこそ

息子の推し本

息子のお奨め書籍

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
本 (11)
Tweet (9)
ご挨拶 (3)
【伝説のイベント】 (3)
告知 (61)
父が愛したモノ (7)
仮面ライダー関連ニュース (6)
親子の会話 (45)
息子が観たこと、聴いたこと。 (207)

ちょいと見てやってね!

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。